TECHIES (TECHNO STUFF)

テクノなもの、名付けてテッチーズを私の独断と偏見で紹介します。テクノな人が愛好するものと解釈してもらって結構です。


This introduces TECHIES which are techno-stuff based on my personal biased judgement. In the other word, they are type of things which Techno people love.

Art | Automobiles | Chinese-esque Pop(中華風ポップ) NEW! | Comics | Duo | Fashion | Gag | Kaniji-Notation | Labels | Magazines | Monsters | Movies | Oldies | Pierre et Gilles | Producers | Russian Constructivism(ロシア構成主義) | Sexy Sleeve Design(セクシー・ジャケ) UP! | Super Heroes | Watches | Words

Automobiles(自動車)

日本車でテクノな車と言えば、NISSANがWATER STUDIOのコンセプト&デザインによって限定発売したパイク・カーであるBE-1です。中身はMARCHなののですが、外見は見事なレトロ・モダン。Duran DuranのSimon Le BonはこのBE-1のコレクターである。
外車では、『RO 80』と言うドイツのNSU(後にAUDIに吸収される)によって造られた近未来的な美しいデザインの車があります。私は実物を見たことがありませんが、ドイツのテクノポップ・オムニバス『RO 3003』のジャケットに使われています。

<無頼庵特派員>さて、「テクノなクルマ」、ということでNSU R303を挙げておられますが私のイチ押しは英国トライアンフ社が1975年に発表したTR7(画像1画像2)というクルマです。「'70年代から見た近未来」的なスタイリングが往年のニューウェイヴを彷彿とさせてたまりません。私も以前、乗ってました。


The Japanese Techno car is BE-1, a pike car with the concept and design of Water Studio that Nissan had limited release. While the inside is March, the outside is nice-looking Retro Modern. Simon Le Bon of Duran Duran is known to be a collector of BE-1.
Among foreign cars, there is "RO 80", a German car with futuristic beautiful design, manufactured by NSU (later to be absorbed by AUDI). While I have not seen the real one, it is used for the jacket of "RO 3003" German techno pop omnibus album.

<Correspondent Brian> While NSU R303 is listed as techno-ish car, my best push is TR7 (Image 1, Image 2) released by British Triumph in 1975. It has the styling of near future viewed from 70's and resembles New Wave image. I used to drive it.

Chinese-esque Pop(中華風ポップ)

ALL ABOUT JAPANにて『勘違いの中華風ポップ』記事を2002年8月28日に掲載。

Comics(漫画)

テクノな人は江口寿史の『進めパイレーツ』、玖保キリコの『シニカル・ヒステリー・アワー』(ちょっとパンクかな?)、志摩あつこの『8ビート.ギャグ』(音楽専科で連載し、教授、あっこちゃんも絶賛したといわれる)を愛読します。ちなみに江口氏は、バグルズの『モダン・レコーディングの冒険』信望者でもある。

<S.小林氏>江口寿史は画集と立花ハジメのシングルを一緒にしたコンセプトアルバム?(といっていいのかわからないけど・・・)を出しています。

<あいさん>岡崎京子の、『東京ガールズブラボー』、宝島の雑誌「CUTIE」が月刊化された90年、連載されてました。単行本の帯には、「80年代の青春ストーリー〜YMO、ツバキ・ハウス、ピテカントロプス。ニューウェーブが輝いていた80年代初めのTOKYO。中略、ちょっぴりアナーキーで切ないオシャレな青春ストーリー!!」と、書いてあります。作者の青春時代らへんなんですけど、主人公がニューウェーブバカで、いろんなとこにバンド名とかでてきて、そういうのをチェックしてました。ある意味バイブル・・・・あと時代の雰囲気がわかるよーな気がしました。当時わたしも主人公と同じ高校生だったのですが、これを読んで、音楽と、東京に憧れました。

<オクダケンゴ特派員>ライダース好きなマンガ家で江口寿史チルドレンである『やまだないと』ってご存知ですか?彼女のマンガのタイトルには「青空のマリィ」、「ロリータ・ヤ・ヤ」、「リラのホテル」、「メリークリスマス、ミスターローレンス」なんてのがあるんですが、97年には「COMIC CUE」にて鈴木慶一xやまだないとで「Yの思い出」って作品を発表しています。やっぱ岡崎京子は偉大過ぎます。影響受けっぱなしです。ちなみに、オカザキの作品には「万事快調」(ピチV?)、「星くず兄弟の伝説」、「ハッピィ・ハウス」(シナロケ?)なんてのもあります。

<MS氏>完顔阿骨打(わんやんあぐだ)の一連作はテクノファン(18歳以上)には外せません。作品のタイトルが、「嘆きの健康優良児」、「世界タービン」、「不幸はいかが?」、「Boy Soprano」、「Parallelism」。どこかで聞いたようなタイトルではないですか?作品中にも「タルボギター」、「フローズンピーチ(frozen peach)」、「時空の水」など、テクノな人ならニヤリと笑う物が出てきます。18歳以上と限定したのは、マンガ自体がそういう作品だからです。エログロ系が嫌いな人、日本以外にお住まいの方は諦めて下さい。「嘆きの〜」はOVA(オリジナルビデオアニメ、ソフトとしての販売を前提に製作されたアニメの事)としてアニメ化されています。テクノネタは出てきませんが、エンディング曲がテクノっぽい所に作者の拘りを見た気がします。

わかつきめぐみの一連作もテクノなネタが入ってます。登場人物にメトロファルスの「俺さま祭り」を唄わせたり、あとがきで載せているBGMリストの大半がムーンライダース系のミュージシャン達の作品だったりします。その辺りが縁で、「わかつきめぐみの宝船ワールド」というLPも作っています(後にCDで再発)。今は亡き「TECHII」誌にLP制作時の集合写真が載ってました。白泉社文庫から全4巻で出ている「So What?」の4巻の巻末には、鈴木慶一氏による解説(LP録音時の思い出を語った物)まで載っています。


Techno people read Hisashi Eguchi's "Pirates A Go Go" and Kiriko Kubo's "Cynical Hystery Hour" (rather punk?), Atsuko Shima's "8-Beat Gag" (published in Ongaku Senka and extolled by Ryuichi Sakamoto & Akiko Yano). By the way, Mr. Eguchi is a strong believer of "Adventures In Modern Recording" by the Buggles.

<Mr. S. Kobayashi> Hisashi Eguchi released the concept album (though I am not sure if I can call it) combining his collection of pictures and Hajime Tachibana's single.

<Ai> "Tokyo Girls Bravo" by Kyoko Okazaki started on Takarajima's magazine "CUTIE" in '90 when it become monthly. The sleeve of the book said "80's youth story ~ YMO, Tsubaki House, Pithecan Thropus Erectus. Tokyo in early 80's when New Wave was shining...... A little anarchy, melancholic and stylish youth story!!". The author's youthful days are strange. The heroin was a new wave craze, and many band names showed up. I was checking these. In a sense, it was my bible.... I felt the atmosphere of that period . At that time, I was also a high school girl like the heroin. I admired the music and Tokyo.

<Correspondent Kengo Okuda> Do you know "Naito Yamada", a cartoonist who loves Moonriders and is considered to be a child of Hisashi Eguchi? Her comic titles are "Aozora No Mary", "Lolita Ya Ya", "Rira No Hotel", "Merry Christmas Mr. Lawrence" and she released the work "Y No Omoide" by Keiichi Suzuki x Naito Yamada in 'Comic Cue'. Kyoko Okazaki is too great. I was influenced by her a lot. Other works by her are "Banji Kaicho" (Pizzicato V?), "Stardust Brothers", "Happy House" (Sheena & The Rokkets?).

<Mr. MS> A series of works by Aguda Wanyan(?) is a must item for Techno fans (over 18 years old). The titles are "Nageki No Kenkoyuryoji", "Sekai Turbin", "Fuko Wa Ikaga?", "Boy Soprano", "Parallelism". Do they sound familiar? Things like "Turbo Guitar", "Frozen Peach", "Jiku No Mizu" that make Techno manias smile show up. The reason I limited to over 18 is based on the content of these comics. People who do not like eros and grotesque and do not live in Japan should give them up. "Nageki No..." was animated as an original video animation. While there are nothing Techni in content, the ending theme track is Techno-esque from his taste.

A series of Megumi Wakatsuki works include Techno stuff. A person in the comics sings "Oresama Matsuri" by Metrofarce, a majority in the BGM list are the works by Moonriders-related musians. Because of these, the LP "Wakatsuki Megumi No Takarabune World" (later reissued in CD) was made. The old "TECHII" magazine had the picture for them at recording. The last part of "So What?" vol. 4 available in 4 volumes published by Hakusen-sha the description by Mr. Keiichi Suzuki (memories from the recording).

Duo(デュオ)

従来ロック・バンドと言えばギーター、ベース、ドラムを揃えるため最低でも3人普通は4人以上が普通の構成である。しかし、シンセサイザーを主体としたエレポップ系のミュージシャンはその呪縛から逃れ多くの人達はデュオという構成をとった。記憶にあるデュオは以下である。the Associates, the Buggles, China Crisis, Dollar, Climie Fisher, Electronic, Erasure, Eurythmics, Monaco, Naked Eyes, Pet Shop Boys, Soft Cell, Tears For Fears, Wang Chung, Yazoo, Mikado, Act, DAF, Yello, Sparks, Savage Garden。


Conventionally, rock bands need at least 3 members to have the minimum line up of guitar, bass and drums, and normally 4 or more. However, electro pop musicians with synthesizers as main instrument escaped from this conventionalism and many formed a duo instead. The duos to be remembered are; the Associates, the Buggles, China Crisis, Dollar, Climie Fisher, Electronic, Erasure, Eurythmics, Monaco, Naked Eyes, Pet Shop Boys, Soft Cell, Tears For Fears, Wang Chung, Yazoo, Mikado, Act, DAF, Yello, Sparks, Savage Garden.

Fashion(ファッション)

テクノな人はやっぱりテクノカットで人民服を着たいところです。又は、クラフト・ワークのイメージで赤いシャツに黒いちょっと細めのネクタイとかディーヴォのイメージでつなぎに特製ヘルメットなんかどうでしょう。もちろん『ブリックス』(高橋幸宏のブランド)なんかもOKです。今はないので『YUKIHIRO TAKAHASHI』で買いましょう。トレバ・ホーン型の眼鏡やFGTHのTシャツも捨て難いところです。それらでは、アナクロすぎて恥ずかしいという人には、10代から20代前半は『ボーイ・ロンドン』(ペットショップボーズのクリス・ロウが帽子をかぶっていた)、20代後半からは少し保守的ながらも『ポール・スミス』(これは私の勝手なテイストです)なんかどうでしょう。カジュアルなクラバーなら、『フレンチ・コネクション』という手もあります。


Techno people should wear Chinese People's Clothes (Jinmin-Fuku) with techno cut. You may wear red shirts with black slender tie with the image of Kraftwerk or coverall with special helmet with the image of Devo. Of course, "Bricks" (Yukihiro Takahashi's brand) is okay. Since it's no longer available, buy at "YUKIHIRO TAKAHASHI". Trevor Horn style eyeglasses and FGTH T-shirts are also good. If you feel uncomfortable with these because they are too anachronistic, how about "Boy London" (PSB's Chris Lowe wore its cap) for teens and early 20's and "Paul Smith" (This is just my favorite) for late 20's and over while it is a bit conservative? If you are a casual cluber, "French Connection" is an option for you.

Gag(ギャグ)

テクノな人が好きなギャグ系アーティストと言えばやはり、『スネークマン・ショウ』、『スーパー・エキセントリック・シアター』、『ビックリハウス』、『トリオ・ザ・テクノ=Y.M.O.』、『芸者ガールズ』、『KOJI1200/12000』なんかでしょう。


Gag artists whom techno people like are "Snakeman Show", "Super Eccentric Theater", "Bikkuri House", "Trio The Techno = Y.M.O.", "Geisha Girls" and "KOJI 1200/12000".

Kanji-Notation(漢字表記)

ここでは日本のテクノポップのバンド名を中国に紹介することを考え(誰がする?)漢字表記してみました。中にはそのまま又は結構無理なのもありますがお許しください。

芸術港、打音族、映画、茶久羅、賢兎、混乱、可憐男、電気溝、謁玖珠、展覧会、美子供、感光膜、地球友達、牙瑠児華、八弐分壱、波瑠面頭、春夫音、非歌集、模倣、猪山地、内装、一風堂、多汁果実団、論理構造、長期休暇、西洋西瓜、微小星、月光下騎士団、良音楽、東洋磁気黄色、真珠兄弟、褄引伍、可逆物質、P型、携帯岩石、精神、真魚、日暮、電子隊、噴射式飛行体、詩少年、少年本塁打、雪上車、柔舞踊、間牒、試験形、有頂天、都会的踊、振動音、処女VS、家畜人、黄色魔術楽団、人生


Here, I showed Japanese techno pop band names with Kanji characters considering the introduction of them to China (Who will do it?). Please forgive me as there are some as-it-is and difficult ones.

Art Port; Beatniks; Cinema; Chakra; Clever Rabbits; Confusion; Cutemen; Denki Groove; EX; Expo; Fairchild; Films; F.O.E.; Guernica; 8 1/2; Halmens; Haruophone; Hikasu; Imitation; Inoyama Land; Interior; Ippu-Do; Juicy Fruits; Logic System; Les Long Vacation; Melon; Microstar; Moon Riders; Nice Music; O.M.Y.; Pearl Bros.; Pizzicato V; Plastics; P-Model; Portable Rock; PSY'S; Real Fish; The Sunsetz; Scudelia Electro; Sheena & The Rokkets; Shi-Shonen; Shonen Homeruns; Snow Mobiles; Soft Ballet; Spy; Susan; Test Pattern; Uchoten; Urban Dance ; Vibra-tones; Virgin VS; Yapoos; Y.M.O.; Zin-Say

Labels(レーベルズ)

テクノ・ポップ&ニューウェイヴに関連するレコード・レーベルを以下国ごとに紹介します。


The record labels related to techno pop & new wave are introduced by country as follow:

Magazines(雑誌)

テクノな人はサブカルチャーの匂いがする雑誌『宝島』、『ビックリハウス』、『サウンドール』、『キープル』、『キーボード・スペシャル』、『ミュージック・ステディー』、『モガ』(女性用『宝島』)、『テッチー』、『マック・プロス』、『ワイヤード』、『デジタル・ボーイ』、『CAPE X』なんかを愛読します。でも、『ワイアード』以外は廃刊です。


Techno people regularly read the magazines with the smell of sub-culture like "Takarajima", "Bikkuri House", "Soundoll", "Keyple", "Keyboard Special", "Music Steady", "MOGA", "Techii", "Mac Bros", "Wired", "Digital Boy", "CAPE X". However, all except "Wired" had been out of print.

Monsters(怪獣)

テクノな人はウルトラマンも好きですが、やっぱりエレキングです。テクノドンと戦わして欲しい。メカゴジラなんかも感じ出てます。
<オクダケンゴ特派員>ボクは個人的にはKING JOEが好きです。あと、電グルの曲のタイトルにもなったウルトラ怪獣、恐竜戦車もテッチーですね。ここらへんのソフトマシーンの話については椹木野衣が「別冊宝島Vol.2 怪獣学・入門!」に寄せている文が結構おもしろいです。この書の他の項では,エレキングの牛模様がイメージさせる幻覚感と「原子心母」のソレとの共通性なども論じられています。(そういやEL&P「タルカス」のジャケもソフトマシーンですね。)
(注)ソフトマシーン:裸のランチのゴキブリタイプライターや仮面ライダーのカメバズーカなどの有機体×無機体の接合物のコトです。


Techno people like Ultraman, but the favorite is Ele-King. I want him to fight with Technodon. Mecha-Godzilla also has feel for it.  
<Correspondent Kengo Okuda> I personally like King Joe. Ultra Monster Dinosaur Tank is also techie. As for "Soft Machine", Noi Sawaragi's article in "Extra Edition Takarajima Vol.2 Monsterlogy for Beginners" is quite interesting. This book also discuss the commonality between psychedelia imaged by cow pattern of Ele-King and the one in "Atom Heart Mother". EL&P's "Tarkus" cover is also soft machine.
(Remarks) Soft Machine: Synthesis of organism and inorganism such as "Cockroach Typewriter" in Naked Lunch and "Kame(Turtle) Bazooka" in Kamen (Masked) Rider.

Movies(映画)

テクノ&ニューウェイヴな人は洋画なら『時計仕掛けのオレンジ』、『エレクトリック・ドリームス』、『未来世紀ブラジル』、『ブレード・ランナー』、邦画なら『戦場のメリークリスマス』、『四月の魚』、『星くず兄弟の伝説』、『ノー・ライフ・キング』が好みです。最近のお勧めは『ウェディング・シンガー』です。ビリー・アイドルも出てます。
<オクダケンゴ特派員>「トランス-愛の晩餐」て映画知ってますか?ボクは見たことはないですが、中島らもによると「ニューウェイブのスーパースターが思いつめたファンにバリバリ食べられてしまう設定」だそうです。
<モトイ・K氏>「トランス 愛の晩餐」は1982年の西ドイツ映画です。思いつめたファンの少女がニューウェイヴ・スターを食べてしまう怪作ですが、たいして面白い作品でもないようです。現在ビデオは廃盤ですが私はこのビデオを東京の三軒茶屋のツタヤでカルト・コーナーに置かれてるのを目撃しました。


Techno-poppers and New-wavers like "Clock Work Orange", "Electric Dreams", "Brazil", "Blade Runner" in overseas movies and "Merry Christmas Mr. Lawrence", "Poisson D'Avril", "Stardust Brothers' Legend", "No Life King" in Japanese movies. The recent one I recommend is "Wedding Singer". Billy Idol appears on it.
<Correspondent Kengo Okuda> Do you know the movie "Trance"? While I have not seen it, a New Wave super star is eaten by the stalker according to Ramo Nakajima.
<Mr. Motoi K.> "Trance" is a West German movie in 1982. It's a strange work that an obsessed fan girl ate New Wave stars, it does not seem to be too interesting. Currently, the video is out of print, but I saw it at Cult corner in Tsutaya in Sangenjyaya in Tokyo.

Oldies(オールディーズ)

テクノな人はテクノポップ時代以前にどんな音楽を聴いていたのでしょう?洋楽では、『ビートルズ』、『ラズベリーズ』、『バッドフィンガー』、『マーティン・デニー』、『ペリー&キングスレー』、『ビーチボーイズ』、『トッド・ラングレン』、『ピンク・フロイド』、『イエス』、『パリス』、『クィーン』、『10CC』、『スクイーズ』、『ビー・バップ・デラックス』、『E.L.O.』、『スパークス』、『ロキシー・ミュージック』、『デヴィット・ボウイ』、『T−REX』、邦楽では、『はっぴいえんど』、『はちみつぱい』、『大瀧詠一』、『サディスティック・ミカ・バンド』といった所かなと思います。


What music did techno pop people listen to prior to the techno pop period? I guess they are "Beatles", "Raspberries", "Bad Finger", "Martin Denny", "Perry & Kingsley", "Beach Boys", "Todd Rundgren", "Pink Floyd", "Yes", "Paris", "Queen", "10cc", "Squeeze", "Be-Bop Deluxe", "E. L. O.", "Sparks", "Roxy Music", "David Bowie", "T-Rex" in overseas music, and "Happy End", "Hachimitsu Pie", "Eiichi Ohtaki", "Sadistic Mika Band" in Japanese music. Pls. jump to JAPANESE ROOTS page & OVERSEAS ROOTS page.

Pierre et Gilles

テクノなミュージシャンのレコード・ジャケットのフォトグラフィック・アートで有名なフランス人コンビであるPierre et Gillesはドリーミー&キッチュな世界を作り上げました。テクノ愛好家なら、きっと貴方のレコード・コレクションにも彼等の作品があります。以下の人達を対象にした作品があります。日本物のでは菊地桃子の『Asian Venus』とうのがあります。


French combination Pierre et Gilles known for photographic arts of record cover on techno musicians created their own dreamy and kitsch world. Techno lovers must have their cover works in their record collections. They did the works for the following people. As a Japanese one, they did "Asian Venus" for Momoko Kikuchi.

Producers(プロデューサーズ)

テクノポップ・アーティストの育成に貢献したプロデューサーと言えば、次のページへ直行してください。


The producers who contributed to the development of techno pop artists are;

Russian Constructivism(ロシア構成主義)

ALL ABOUT JAPANにて『日本のロシア構成主義展』記事を2002年2月20日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『外国のロシア構成主義展』記事を2002年3月13日に掲載。

Sexy Sleeve Design(セクシー・ジャケ)

ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 1⇒22』記事を2002年8月21日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 23⇒44』記事を2002年9月4日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 45⇒68』記事を2002年9月18日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 69⇒90』記事を2002年10月2日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 91⇒112』記事を2002年10月16日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 113⇒133』記事を2002年11月6日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 134⇒156』記事を2002年11月27日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『セクシー・ジャケ展 157⇒179』記事を2003年1月8日に掲載。

Super Heroes(超人)

テクノな感覚のスーパー・ヒーローと言えば、ミラーマン(ヒューマン・リーグが同名の曲をヒットさせた)、スペクトルマン(ウルトラマンよりチープなB級超人)、人造人間キカイダー(メカな感じがよし)、レインボーマン(エスニックな感じがよし)等です。


Super heroes with techno sense are Mirror Man (Human League had a hit of the same titled song), Spectru Man (B-class super hero which looks cheaper than Ultra Man), Cyborg Kikaider (Mechanic sense is good), Rainbow Man (Ethnic sense is good), etc.

Watches(腕時計)

<無頼庵特派員>「テクノな時計」のイチ押しはスウォッチ「ジェリー・スタッグ」。今はめてます。


<Correspondent Brian> My best push on techno-ish watch is SWATCH "Jelly Stag". I am wearing it.

Words(言葉)

以下の言葉を適当に組み合わせば(単体も可であるがすでに存在するものが多い)、テクノなバンド名またはアルバム・タイトルになります。テクノな言葉:テクノノロジー、エレクトロニック(電子の)、エレクトリック(電気の)、シンセティック(人造の)、プラスチック、ヴィニール、ナイロン、ポリエステル、マシン(機械)、メカニック(機械の)、オートマティク(自動の)、デジタル、サイバー、ヴィデオ、モダン(現代の)、フューチャリスティック(未来的)、アストロ、パルサー、ロケット、アポロ、ロボット、アンドロイド、サイボーグ、ミュータント、エスパー、サイキック、テレパシー、スウィッチ、テレックス、コンピューター、システム(構造)、ポータブル(携帯)、モーバイル(移動)、トランス、モデル、メガ、ウルトラ。


If you combine the following words as you like (one word is okay while many already exist.), you can come up with nice techno band names or album titles. Techno Words: Technology, Electronic, Electric, Synthetic, Plastic, Vinyl, Nylon, Polyester, Machine, Mechanic, Automatic, Digital, Cyber, Video, Modern, Futuristic, Astro, Pulsar, Rocket, Apollo, Robot, Android, Cyborg, Mutant, Esper, Psychic, Telepathy, Switch, Telex, Computer, System, Portable, Mobile, Trance, Model, Mega, Ultra.

HOME | INDEX