T-E-N-T

85年に高橋幸宏とMIDIから移籍したMoonridersがCaynon Records内に設立したレーベル。幸宏・慶一両氏は\ENのようなレーベルを作りたかったらしいが、Canyon側の売れ線路線との狭間でちょっと中途半端な状態になった。でも、Fairchildは好きですけど。以下のレーベルとしてのリリースの他、オーディションから高野寛、プラチナKitのテッチーこと本間哲子、グランドファーザーズ、鈴木祥子等を輩出。


This is the label founded by Yukihiro Takahashi and Moonriders who moved from MIDI within Canyon Records in 1985. While Yukihiro and Keiichi wanted to create the label like \EN, it became somewhat up in the air due to the conflict with commercialism at Canyon side. But, I like Fairchild. In addition to the following releases as a label, it sent out Hiroshi Tanano, Tetsuko Honma a.k.a. Techie of Platinum Kit, Grandfathers, Shoko Suzuki, etc.

Beatniks, The | Fairchild | Ito, Seiko(いとう・せいこう) | Iwada, Mari(岩田麻里) | Moonriders | Radical TV(ラジカルTV) | Shirai, Ryomei(白井良明) | Takahashi, Yukihiro(高橋幸宏) | Ueda, Hiroe(上田浩恵) NEW!

Ito, Seiko(いとう・せいこう) / Tinnie Punx

マルチ・タレント・クリエイターでもあるいとう・せいこう及び日本最初のラップ・ユニットTinnie PunxはJ-RAP&J-HIP HOPシーンの魁となった。


Seiko Ito known as a multi-talent creator and Tinnie Punx, the first Rap unit in Japan became the pioneer of J-RAP and J-HIP HOP.

Iwata, Mari(岩田麻里)

2作とも鈴木慶一氏のプロデュース。1作目(2作目持ってません)ではMari Iwata with Big Bottomとして他に有頂天のクボリューとコウ、ばちかぶりのケンジロウ、はたの・たけがクレジットされている。全体的にはバンド・サウンド的なガール・ロック路線ですが、慶一氏の作曲の「Idol Race」は好きな曲。


Both of them are produced by Mr. Keiichi Suzuki. In her first album (I don't own 2nd),. Kuboryu and Cou from Uchoten, Kenjiro from Bachikaburi, and Take Hatano are credited as Mari Iwata with Big Bottom. Overall, it's Band Sound-like Girl Rock, but "Idol Race" composed by Mr. Keiichi is the tune I like.

Radical TV(ラジカルTV)

ラジカルTVの二人は筑波大学大学院芸術学部総合造形コースで出会った。主なる作品としては、『パルコ』のコマーシャル、細野晴臣の『月世界旅行』というイヴェントでの共演、立花ハジメの『太陽さんライヴ』での共演、筑波博での坂本龍一との『TV WAR』等である。自らも高橋幸宏をエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え6曲入りの『A. V KIDS』を発表した。イレイジャーも好きなアバの『ダンシング・クィーン』のカヴァーをやってます。その後も二人はヴィジュアル・アーティストとしての活躍し、原田大三郎は『再生YMOコンサート』の映像をサポートした。


The two in Radical TV met each other in Tsukuba Univ. Art Department General Formative Art Course. Their key works are TV commercial of "PARCO", co-performance in Haruomi Hosono's "Travel To Moon" event, co-performance in Hajime Tachibana's "Taiyo-san Live", and collaboration for "TV WAR" in Tsukuba Expo. They released "A. V KIDS" including 6 tracks with Yukihiro Takahashi as an execute producer. They covered "Dancing Queen" of ABBA which Erasure also likes. They continued to be active as a visual artist and Daizaburo Harada supported the visual of "Replay YMO Concert".

Ueda, Hiroe(上田浩恵)

HOME | INDEX