Tokyo Bravo(東京ブラボー)
Mode-ID / SEX (Sensational Electric Xtacy) / Guitoo / Takagi, Kan(高木完)

Tokyo Bravo(東京ブラボー)

SEX (Sensational Electric Xtacy)

Guitoo

Takagi, Kan(高木完)

東京ブラボーは高木完、ブラボー小松、坂本みつわ(この3人が中心メンバーと考えられる)、岡野ハジメ、泉水敏郎からなる80年前半に活動したグループ・サウンズのエッセンスを感じるニューウェイヴ・バンドである。ディーヴォやB-52'sやプラスチックスにも通じる。大貫憲章氏による解説では、『ある時はオルタナティヴのサザン・オールスターズ、ある時は知性を欠いたロキシーミュージック、又ある時はノーキー・エドワーズ率いるスレイドなのである。』と形容している。
ブラボー小松氏は元8 1/2の久保田真吾と共にハードなニューウェイヴ・バンド、マッスルビートを結成し、その後ブラボー小松氏は元MODE-IDの朝倉光洋氏とマンチェっぽいオルタナ〜インダストリアル〜ハウス的サウンドのデュオ、SEXを結成した。SEXは本サイトの趣旨には一番合っているバンドでしょう。サロン・ミュージックがファーストをプロデュースしています。99年になって、ポアダムスの山本精一氏とのギター・デユオ、Guitoo名義でアルバムをリリース。
高木完こと高木一裕氏は東京ブラボー解散後映画『星くず兄弟の伝説』に久保田真吾氏と共に出演し、そしてヒップホップの人となり、坂本みつわ嬢は日本最強のダブ・バンド、ミュート・ビートでも活動した。 
99年7月15日とには東京ブラボーの復活ライヴに続いて99年10月のDRIVE TO 2000にも登場。


Tokyo Bravo is a new wave band with the essence of Japanese Group Sounds consisting of Kan Takagi, Bravo Komatsu, Mitsuwa Sakamoto (these three are considered to be main members), Hajime Okano and Toshiro Sensui which was active in the first half of 80's. Their sound resembles Devo, B-52's and Plastics. According to Mr. Kensho Ohnuki, they were described as "sometime alternative Southern All Stars, sometime Roxy Music lacking intelligence and sometime Slade led by Norkie Edwards.".
Bravo Komatsu formed a hard New Wave band, Muscle Beat, together with Shingo Kubota, ex-8 1/2. After this, Bravo Komatsu formed a Manchester-esque Alternative ~ Industrial ~ House oriented sound duo, SEX, with Mitsuhiro Asakura, formerly in MODE-ID with . SEX would best fit the purpose of this site. Salon Music produced the first album. In '99, he released the album as Guitoo, a guitar duo with Mr. Seiichi Yamamoto of Boredomes.
Kazuhiro Takagi known as Kan Takagi appeared with Shingo Kubota on the movie "Hoshikuzu Kyodai No Densetsu (Stardust Bros. Legend)" and became a man of Hip Hop after Tokyo Bravo, and Mitsuwa Sakamoto also played in Mute Beat, the strongest Dub band in Japan.
They appeared in DRIVE TO 2000 in October '99 following the Tokyo Bravo reunion live in July 15, 1999.

HOME | INDEX