TOKYO ROCKERS(東京ロッカーズ)
TOKYO NEW WAVE(東京ニューウェイヴ) / KANSAI NO WAVE(関西ノーウェイヴ) / JAPANESE PUNK(日本のパンク)

日本に於いて79年頃から始まった東京ロッカーズと関西ノー・ウェイヴを中心とするインディー・ニューウェイヴ系のバンドを紹介します。2大オムニバス・アルバム『東京ROCKERS』と『東京ニューウェイヴ’79』は79年にリリースされました。東京ロッカーズは本来78年5月に六本木にオープンしたS-KENスタジオを拠点に活動したバンドをさし、フリクション、リザード、ミラーズ、Mr. カイト、S-KENです。その他の東京ニューウェイヴ勢(8 1/2、突然ダンボール、グンジョーガクレヨン、じゃがたら、タコ等)や関西ノーウェイヴ勢(アーント・サリー=>フュー、INU=>町田町蔵、非常階段等)もインディー・ニューウェイヴとして活動する。主なインディー・レーベルはゴジラ、100%、アスピリン、Pass、テレグラフ、ジャンク・コネクション、シティー・ロッカー、ヴァニティ等です。WAX Recordsはフィリクションなどの東京ロッカーズ関連を再発しています。インディー・ニューウェイヴに対する業界ニューウェイヴと言う呼称もメジャー・デビューしたバンドに使われました(個人的には再評価すべきバンドもあり)。


This page presents Indie New Wave bands centered around Tokyo Rockers which started around '79 in Japan. The two key omnibus albums "Tokyo Rockers" and "Tokyo New Wave '79" were released in '79. Tokyo Rockers originally means the bands who were performing at S-KEN Studio started in Roppongi in May '78, and they are Friction, Lizard, Mirrors, Mr. Kite, S-KEN. Other Tokyo New Wave bands (8 1/2, Totsuzen Danball, Gunjogacrayon, Jagatara, Taco, etc.) and Kansai No Wave bands (Aunt Sally => Phew, INU=>Machizo Machida, Hijou Kaidan, etc.) also performed as Indie New Wave. Key Indie labels are Godzilla, 100%, Aspirin, Pass, Telegraph, Junk Connection, City Rocker, Vanity. WAX Records reissued Tokyo Rockers related acts such as Friction. The term "Gyokai (=Commercial) New Wave" was used for the bands debuted on major labels (personally, some bands should be better re-evaluated).

Wax Records | Vanity Records

Aunt Sally | Chance Operation | Coccinelle(コクシネル) | E.D.P.S | Flesh | Friction | Gunjogacrayon(グンジョーガクレヨン) | 8 1/2 | Henshin Kirin(変身キリン) | INU | Jungle's | Suyama, Kimiko(須山公美子) | Lizard | Maria 023(マリア023) | Mirrors(ミラーズ) | Mr. Kite | Mugen Gaisha featuring Nuts(夢幻会社featuringナッツ) | Phew(フュー) | Pungo(パンゴ) | Saboten(サボテン) | S-Ken | SS | Suki Suki Switch(すきすきスウィッチ) | Supermilk NEW! | Taco | Totsuzen Danball(突然段ボール) | Ultra Bide(ウルトラ・ビデ) | Up-Maker | Yoshino, Daisuck & Prostitute(吉野大作&プロスティチュート) | Zelda | Zettai Reido(絶対零度)
Omnibus
Tokyo Rockers(東京ロッカーズ) | Tokyo New Wave '79(東京ニューウェイヴ) | PASS Records 1980-1981 | Rebel Street

Friction

教授が1作目『軋轢』をプロデュースした東京ロッカーズの中心的存在のニューウェイヴ・ロケンロール・バンド。


This is a New Wave Rock'n'Roll band who is a center of Tokyo Rockers whose first album "Atsureki" was produced by Ryuichi Sakamoto.

Gunjogacrayon(グンジョーガクレヨン)

突然段ボールと並ぶ(カップリング・シングルも一緒に出した)前衛ポップ・バンド。教授がダブ・ミックスで参加。


This is another Avant-Garde Pop band comparable to Totsuzen Danball (they released a coupling single together). Ryuichi Sakamoto did dub-mix for them.

Lizard / Beni Tokage(紅蜥蜴) / Mugen Gaisha featuring Nuts(夢幻会社featuringナッツ)

紅蜥蜴を前身とする東京ロッカーズの中心的存在。ストラングラーズのジャン・ジャック・バーネルのプロデュースの元、英国で録音したシンセもはいったパンク(ストラングラーズにも共通する)なデビュー・アルバムをリリースした。リーダーのモモヨはゼルダのファーストをプロデュース。

ALL ABOUT JAPANにて『直撃!LIZARD・モモヨさん #1 』記事を2001年4月25日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『直撃!LIZARD・モモヨさん #2 』記事を2001年5月2日に掲載。

<オクダケンゴ特派員>モモヨとカツは2人組[通底器]/[幻想鬼]を経て[エレクトリック・モス]をワカとトメの4人で結成。72年、モモヨとワカとカツで[紅蜥蜴]として活動開始。78年、3人はDrにツネ(ワカの弟)、Keyにコウを加え[ミラクル・ヴォイス]/[紅蜥蜴]/[リザード]の3つの名を使い分けギグを重ねる。78年5月[リザード]に正式改名。 78年暮れには、ドラムがベルに交代。

<荒特派員>夢幻会社featuringナッツ名義の「モスラ」という6曲入りの12インチのメンバーはRIEKO (Vo)、モモヨ (Produce, Poly 6, Pianica, etc.)、秋山勝彦 (Poly 6, Pianica, etc.)という3人です。「モスラ」はタイトル通り、あの曲です。トーキング・ヘッズやキング・クリムゾン、PILなどのエスニック・サウンドに刺激されて、じゃあ俺も、ということで「モスラ」を選んだということらしいです。

<元LIZARDの管原保雄(モモヨ)氏>
BUGGLE: JJ バーネル氏がプロデュースするに至った経緯を教えていただけないでしょうか?
私の時空を中心に語ると、ある日、私が自分の経営していたレコード店の店番をやっていた時、電話があって、たぶん水上はる子さんだったと思うんですが、ジャンが会いたがっている、ということでした。まさに寝耳に水。ということで会ったのですが、別れ際にプロデュースしたいという話が向こうからありました。すでに私達のライヴテープを入手していたようです。

BUGGLE: 特に影響を受けたまたはリスペクトするバンド(和洋問わず)あるのでしょうか?
ドノバン、ジョン・フォックス、スティーブ・ハーレー、マーク・ボラン、レイ・デイビス、 ジム・モリスン、グラハム・ナッシュ、デヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ、イアン・ハンターも好きです。

BUGGLE: ゼルダ、つるたろー等いろいろな幅広いアーティストの作品にプロデュ−ス等で参加されていますが、なにか参加への基準と言ったものはあるのでしょうか?
これもいちがいには言えません。その時々で環境が違いますし、要請される参加のスタンスも違いますから。ゼルダですが、これは個人的な理由でした。小嶋さちほを独り立ちさせたかったからです。高校を出てから彼女は私の家に身を寄せてました。当時、私は強い自己破壊衝動にかられておりまして、彼女を私から遠ざけなければ何が起こるかわからない、そんな状況だったのです。で、私は彼女をなんとかして独り立ちさせたかったのです。理由はこれだけです。

モスラのときは制作チームが先にできていました。私は、当時、福永武彦と堀辰雄の周辺を調べているところで、また「モスラのリメイクはなかなか原作者から許可がおりないが君がやるならOKだそうだ」という話をコロンビアからもらって気をよくしたというのが実情です。このあとコロンビアからジョニ・ライドンから競演の申し込みがあるのだが、という話もありましたが、当時の私のマネージャーが格が違うといって一蹴してしまったようです。恐るべきことに当時のこのマネージャーは自分のタレントである私をライドンのかなり上においていたようです。
つるたろーの時と、その後、イミテーションのチーボーのプロデュースをやった時は同じ制作チームでした。どちらも、アルバムの骨子となる基本コンセプトの相談を受けました。つるたろーでは、当時、書店に山積みされていた『ぱぱらぎ』という本を提案し、それを骨子に二曲提供しました。チーボーでは、スペースオペラ、とくにロジェ・バディム監督の映画『バーバレラ』のファッション性を提案、手持ちの資料なども提供しました。この時も二曲書いてます。
その後はインディーズでのプロデュースを何本かやってますが、主に私のテクニックをバンドの音に生かすことを心がけています。ギミックをギンギンに使っていても、演奏している当の本人にもわからない、そんな使い方が多くなります。あるいは逆に、マイクのアレンジなどを異常にしながらも出来あがりを意識してくみ上げていったり。ほとんどは外からのはたらきかけ、例えば、バンドから、制作チームから、運命からですが、それに対して私の食指が動いたときにこういう仕事をしている、ようですね。


They are the center of Tokyo Rockers based on Beni Tokage (means "Red Lizard"). They released the debut album with Punk sound using synths (common to Stranglers) produced by Jean Jacques Burnel in Stranglers. Momoyo, a leader of the band, produced the first album of Zelda.

<Correspondent Kengo Okuda> Momoyo and Katsu after the duo "Tsutenki" and "Gensoki" formed the quartet "Electric Moth" with Waka and Tome. In '72, Momoyo, Waka and Katsu started as "Beni Tokage". In '78, they had a series of gigs with three names; "Miracle Voice", " Beni Tokage" and "Lizard" by adding Tsune (a younger brother of Waka) as a drummer and Kou as a keyboarder. In May '78, they formally renamed as "Lizard". In late '78, Bell replaced as a drummer.

<Correspondent Ara> 12" mini album "Mothra" containing 6 songs under the name of Mugen Gaisha featuring Nuts were done by three, Rieko (Vo), Momoyo (Produce, Poly 6, Pianica, etc.) and Katsuhiko Akiyama (Poly 6, Pianica, etc.). Mothra is that Morha you know. It's said that they picked up Mothra stimulated by ethnic sound such as Talking Heads, King Crimson, PIL.

<Mr. Yasuo Sugahara (Momoyo), ex-Lizard>
BUGGLE: Can you tell me how J. J. Burnel became a producer of Lizard?
Talking around my space, I had a phone call from probably Ms. Haruko Mizukami if I remember correctly when I was in my own record shop and I was told that Jean wanted to meet me. It's totally unexpected. Then, I met him and he told me that he wanted to produce us in the end. He seems to have gotten our live tape.

BUGGLE: Are there any bands (either Japanese or overseas) which you were influenced by or you respect?
I like Donovan, Jon Foxx, Steve Harley, Mark Bolan, Ray Davis, Jim Morrison, Graham Nash, David Bowie, Brian Eno, Ian Hunter.

BUGGLE: You have been involved with the works by various wide-range artists such as Zelda, Tsurutaro as a producer, etc. Is there any standard for you to decide what kind works you should be involved with?
It's hard to say. The environment is different by each time, and the type of involvement requested is different. As for Zelda, it was due to my personal reason. I wanted Sachiho Kojima to be independent. She lived in my house after she graduated from a high school. At that time, I had strong distructive mood, and something could happen if I do not put her away from me. So, I wanted her to be independent. That's all.

In the case of Mothra, the production team was formed already. At that time, I was investigating things around Takehiko Fukunaga and Tatsuo Hori, and I decided to do it as I was told by Columbia that the remaking of Mothra is hard to get the originator's approval, but the approval can be given if I do it. After that, I heard from Columbia that John Rydon offerred to work with me, but my manager rejected this offer as the class is different. Amazingly, this manager put me who is his talent above Rydon.
When I did Tsurutaro and later produced Cheebo of Imitation, I worked with the same production team. I consulted the basic concept of these albums. For Tsurutaro, I proposed the book "Paparagi" which was piled up in book stores at that time, and I provided two tracks based on it. For Cheebo, I proposed Space Opera, especially fashionism of the movie "Barballera" directed by Roge Badim(?) and provided the materials at my hands. I also wrote two tracks.
After that, I produced several indies bands. I tried to leverage my technique for bands' sound. I often used the technique that even players cannot tell even when a lot of gimmicks are used. On the contrary, I picked up considering the finish while I made mike arrangement strange. In most of the cases, external forces from bands, production team, destiny came and I worked when my antenna sensed them.

Supermilk

<荒特派員>'78年、京都大学軽音楽部の学生だった阿瀬耶歩が結成した「六面鏡」が母体。'79年に“スーパーミルク”と改名。京都を中心に活動、'80年12月15日京大でのストラングラーズのライヴで前座を務めた際、ジャン・ジャック・バーネルに「Are You P-MODEL?」と訊ねられたというエピソードが物語るように、サウンド初期P-MODEL的ピコピコ・シンセ+パンクな曲調という感じでカッコイイ。同年大晦日のライヴ・イベント“REVO'1980”では突然段ボール、グンジョウガクレヨン、フリクション、不正療法、だててんりゅう、ザ・ノーコメンツらと共演。バンドは激しいメンバーチェンジを繰り返し、'83年に自然消滅。いぬん堂がリリースしたCD『ライブ・エレキダンス1979〜1980』は'79年12月から'80年12月までのライヴの記録。当時はレコードもリリースしなかったし、スタジオ録音による音源も残ってないそうな。ジャケットのアートワークはヤマタカEYE氏が担当。EYE氏はスーパーミルクのファンで、ある日のライヴでは客がたった一人だったらしい。で、メガネをかけたその客は後々になってヤマタカEYE氏だと判明したという。
 

<Correspodent Ara>In '78, Ayumu Aseya (?) who was a student in Kyoto Univ. Pop Music Club formed "Rokumenkyou" and Supermilk is based on it. In '79, they renamed to "Supermilk". They were active centered around Kyoto. They are cool Techno Synth + Punk sound resembling the early P-MODEL as there is an episode that J. J. Burnel asked "Are you P-MODEL?" when they did an opening act for the Stranglers. In the same year, they co-performed with Totsuzen Danball, Gunjyogacrayon, Friction, Fusei Ryouhou, Datetenryu, The No Comments, etc. in the year end live event "REVO 1980". They repeated heavy member changes and dissapeared in '83. The CD "Live Elecdance 1979-1980" released on Inun-Do containds live recording from Dec. '79 to Dec. '80. At that time, they did not release records and no studio recordings left. The sleeve design is by Eye Yamataka. Eye is a fan of Supermilk and he was the only one in a live on one day. The audience with eyeglasses were found to be Eye Yamataka later on.

Totsuzen Danball(突然段ボール)

蔦木兄弟中心に結成された前衛ノイズ・バンド。
<荒特派員>FLOORというのは突然段ボールが設立したレーベルです。『神経質プーハー』は平沢進氏のフェイヴァリットだそうです。P-MODELは『ANOTHER GAME』で突段の蔦木栄一氏を迎え、突段のレーベルに捧げた「FLOOR」という曲をやっています。(Discographyは荒氏の情報をもとに作成)


This is an Avant-Garde Noise band formed around Tsutaki brothers.
<Correspondent Ara> FLOOR is the label established by Totsuzen Danball. "Shinkei Shitsu Pu-ha" is Mr. Susumu Hirasawa's favorite. P-MODEL played a song called "FLOOR" in "ANOTHER GAME" dedicated to Totsuzen Danball's label inviting Mr. Eiichi Tsutaki . (Discography is based on the information from Mr. Ara)

Taco(タコ)

教授が「い・け・な・いエンペラーマジック」という危ない曲を提供した。
<オクダケンゴ特派員>霜田恵美子ジャケのセカンドアルバム『タコ』は山崎春美、大里俊晴、佐藤薫、野々村文宏の四人によるほぼ即興演奏で、場当たり的なファンクが全編を占めており、EP-4の別ユニットとしての側面が大きい作品。


Ryuichi Sakamoto gave a dangerous song called "I-Ke-Na-I Emperor Magic".
<Correspondent Kengo Okuda> The second album "Taco" with Emiko Shimoda's cover art is the work more as a separete unit of EP-4 as it's instant performance by Harumi Yamazaki, Toshiharu Ohzato, Kaoru Sato and Fumihiro Nonomura with one-time Funk all over the album.

Omnibus

Tokyo Rockers(東京ロッカーズ)

[1979]

01. Friction: Senaka No Code「せなかのコード」
02. Friction: Cool Fool「クール・フール」
03. Mister Kite: Exit-B-9「エグジット-B-9」
04. Lizard: Robot Love「ロボット・ラヴ」
05. Lizard:レクイエム
06. Mirrors: Situation「シチュエーション」
07. Mirrors: Tokyo Network「トウキョウ・ネットワーク」
08. Mister Kite: Innocent「イノセント」
09. S-Ken: Black Machine「ブラック・マシーン」
10. S-Ken: Ah-A Koibito~ Oh Yure! Tokyo「ああ恋人〜おお揺れ!東京」

<オクダケンゴ特派員>全曲79年3月11日新宿ロフトで行われたイヴェント「実録・東京ロッカーズ'79」でのライヴ録音。WAXよりCD再発アリ。


<Correspondent Kengo Okuda> All tracks are based on live recording from the event "Live Tokyo Rockers '79" held at Shinjyuku Loft on May 11, '79. WAX reissued as CD.

Tokyo New Wave '79(東京ニュー・ウェイヴ '79)

[1979]

01. Sex: TV Easy「TVイージー」
02. Sex: Muryoku No Kakera「無力のかけら」
03. Jisatsu(自殺): Zero「ゼロ」
04. Jisatsu(自殺): Hitotsu「ひとつ」
05. Pain: Confusion「コンフュージョン」
06. Pain: Refuse Night「リフューズ・ナイト」
07. 8 1/2: Manequinne Doll「マネキン人形」
08. 8 1/2: Kurai Tokoro E「暗い所へ」
09. 8 1/2: City Boy「シティー・ボーイ」
10. ボルシー: Robot In Hospital「ロボット・イン・ホスピタル」
11. ボルシー: Clockwork Arts「クロックワーク・アーツ」
12. ボルシー: Nostalgic Boy「ノスタルジック・ボーイ」

<オクダケンゴ特派員>79年1月21日新宿ライヒ館モレノで行われたイヴェント「東京ニューウェイヴ'79」の模様を収録。他にこの日のイベントにはスピード、リザード、ミラ−ズが参加。ペインはこのイヴェント当日で解散し、フレッシュに発展。セックスは既に解散していたが、このレコーディングのためにのみ再結成。セックスはサイズに発展。


<Correspondent Kengo Okuda> This is recording of the event "Tokyo New Wave '79" held at Shinjyuku Leich Building Moleno on January 21, '79. Speed, Lizard and Mirrors also joined that day's event. Pain was disbanded on that day and became Fresh. Sex had been disbanded, but it was reformed for this recording. Sex became Size.

PASS Records 1980 - 1981

[1990]

01. Friction: Crazy Dream
02. Friction: A-Gas
03. Friction: Cool Fool
04. Friction: Out
05. Phew: Shukyoku「終曲」
06. Phew: P-Adic
07. Phew: Closed
08. Phew: Doze
09. Totsuzen Danball: Hashiri Habatobi「走り幅とび」
10. Totsuzen Danball: Ipanema No Musume「イパネマの娘」
11. Totsuzen Danball: Sentaku To Hairetsu「選択と配列」
12. Boys Boys: Monkey Monkey
13. Gunjogacrayon: Break
14. Gunjogacrayon: Muki「ムキ」
15. Matatoshi Tsunematsu(恒松正敏): Gears
15. Matatoshi Tsunematsu(恒松正敏): Nigashita Hajimari「にがしたはじまり」

PASSは吉祥寺にあったジョージアというレコード店が元になったインディー・レーベル。フリクションのEPが最初のリリースである。その後はトリオ・レコードがディストリビューターとなる。大鷹俊一氏による編集。


PASS is an indie label based on the record shop called "Georgia" in Kichijoji. Friction EP is their first release. Trio Records became a distributor later on. It's complied by Mr. Shunichi Ohtaka.

Rebel Street - Live House Rockers Omnibus Album

[1982]

01. E.D.P.S: Turnin' Loose
02. Chance Operation: Erua Ela
03. Lizard: Modern Beat
04. Friction: Out
05. Non Band: Awa No Uta
06. P-Model: Fu-Ru-He-He-He
07. Wada Tetsuro With Machida Machizo: Boris Vian No Ikidori
08. Allergy: Wake Up
09. Totsuzen Danball: Nomimizu
10. Shampoo: Rondhe
11. Daisack & Prostitute: KoKo Soshite Jokojanaibasho
12. Zelda: Sonata 815

ジャパンレコードが東京ロッカーズおよびそれ以降のライヴ・バンド(シャンプーはちょっと違うけど)を編集したオムニバス・アルバム。E.D.P.S.は元フリクションの恒松正敏の結成したバンド、チャンス・オペレーションは元ミラーズのヒゴの結成したバンドです。


This is an omnibus album complied by Japan Records for Tokyo Rockers and live bands after them (Shampoo is a bit different though). E.D.P.S. is a band formed by Masatsune Tsunematsu, ex Friction, and Chance Operation is a band formed by Higo, ex Mirrors.

HOME | INDEX