TRIGGER / TRANSONIC
¡Por Supuesto! / SUITE SUPUESTO

トリガー〜トランスソニックとトリガー系のアーティスト達の作品(『トロイの木馬』等)もリリースしていたポルスプエスト(後にスイート・スプエスト)のアーティスト達を紹介します。トランスソニックはゼロ・グラヴィティ&トータル・エクスペリエンス・イン・サウンドという専門レーベルを持つ持っています。トランスソニックは99年にFlavourの一部となりました。
<加藤賢崇氏>当時ぼくが両方と深くかかわっていたため、¡Por Supuesto!からB-2 Dep'tをリリースしたり「トロイの木馬」にトリガーのアーティストを収録したりしましたが、レーベル的に関りがあったわけではありません。トリガーを¡Por Supuesto!の1部にしてもいい、という話も出たのですが、結局立ち消えになってしまったのは残念でした。
<オクダ特派員>トリガーはどうやら最初はまりんが90年に始めたカセットレーベルだったようです。そのしばらく経った後、まりんの電気グルーヴでの活動が忙しくなったために、トリガーの主宰の座をを永田一直(この人も京浜兄弟社に在籍)に委ねたようです。トリガーのコンピは『Best Of Trigger Tracks』と『Roots Of Transonic』(トランソニックより)がリリースされています。99年4月にはトランソニック五周年の記念盤が発売されるそうです。なお、ポルスプエストは『The Birth Of The True』というタイトルのレーベルメイト達によるコンピを92年頃に出しています。


This page introduces the artists on Trigger ~ Transonic and ¡Por Supuesto! (Suite supuesto later) which released the works related Trigger (such as "Trojan Horse"). Transonic has specialized labels called Zero Gravity & Total Experience In Sound. Transonic became a part of Flavour in '99.
<Mr. Kenso Kato> Since I was involved with both of the labels at that time, B-2 Dep't was released on ¡Por Supuesto! and "Trojan Horse" contained the artists on Trigger; however, they were not necessarily related. There was an idea to make Trigger as a part of ¡Por Supuesto!, but it never happened regrettably.
<Correspondent Kengo Okuda> Trigger seems to be the cassette label that Marin first started. After that, Marin became busy with Denki Groove and he delegated the ownership of Trigger to Kazunao Nagata (he was also a part of K-Hin Bros. Co.). Trigger's compilation albums, "Best Of Trigger Tracks" and "Roots Of Transonic" (from Transonic) have been released. In April '99, 5-year anniversary memorial album of Transonic will be released. ¡Por Supuesto! also released the compilation album titled as "The Birth Of The True" by the label mates was released around '92

Trigger / Transonic
Arche Type | Chelly Chu | Click Slipp | D.V.P. | Fantastic Explosion | G.P.P. | King Of Opus | Midnight Bowlers NEW! | Mind Design | Nina-Noho | Organization | Slapping Dizzy | Space Ponch | Strange Garden | Tagomago
Trojan Horse「トロイの木馬」 | Best Of Trigger Tracks | Roots Of Transonic | Sonic Plate Presents Clones Of Suicide
¡Por Supuesto! / Suite Supuesto
b-flower | B-2 Dep't | HAL from Apollo '69 | Instant Cytron | Nelories
The Birth Of The Truth| The Birth Of The True II | Sweeter Than Suite
P-Vine
Y-Setsu-O(Yセツ王)

b-flower

<オクダケンゴ特派員>京都出身のb-flowerは八野英史を中心としたスミス的なネオアコ・ユニットです。93年作はプロデューサーは外間隆史で、彼は3曲でシンセをプレイしています。


<Correspondent Kengo Okuda> b-flower is a Smith-esque Neo Acoustic unit centered around Hideshi Hachino from Kyoto. The work in '93 was produced by Takafumi Sotoma and he played synths for 3 songs.

B-2 Dep't / Y-Setsu-O(Yセツ王)

トリガー・レーベルの人気インディー・テクノポップ・バンド。電グルのまりんと東京タワーズの加藤賢崇がプロデュースの『Ascending』をリリース。別名ユニットYセツ王ではYMOをカヴァー・ユニットとしてライヴで活動。DRIVE TO 2000では松武秀樹氏とのジョイントを果たしB-Floorにもかかわらず超人気であった。


Popular indie techno pop band from Trigger Label. They released the album "Ascending" produced by Marin in Denki Groove and Kenso Kato in Tokyo Towers. A unit with another name called Y-Setsu-O performs in lives as a YMO cover unit. They had a joint live performance with Mr. Hideki Matsutake in DRIVE TO 2000, which was very popular though it was done at B-Floor.

Click Slipp

オムニバス『トロイの木馬』に収録のトリガーレーベルのテクノポップ・バンド。
<オクダケンゴ特派員>元オーティズムのメンバーを中心とする。オーティズムには、まりんがいました。


This is a Techno Pop band on Trigger Label contained in the omnibus "Trojan Horse".
<Correspondent Kengo Okuda> It was formed mainly by the ex members of O-tism. Marin (of Denki Groove) was in O-tism.

Fantastic Explosion

<オクダケンゴ特派員>元Organizationの永田一直をを中心とする70年代型Drum'n' Bassユニット「Fantastic Explosion」はイイですよ。(蛇足:Fantastic Explosionのジャケは常盤響仕事です。)小西康陽が手がけたルパンカヴァー集「PUNCH THE MONKEY!」での「非常線突破」 等のmix仕事もなかなかイカしてます。まりんや中原昌也らが参加のFantastic Explosionのリミックス集「IN THE 90'S」も発売されたそうです。なお、スズキスキー(Suzukiski)はファンタスティック・エクスプロージョンを脱退した鈴木隆弘のソロユニットで、99年1月にアルバム『Message』をSOUP-DISCより発表。


<Correspondent Kengo Okuda> "Fantastic Explosion", 70's styled Drum'n' Bass unit, centered around Kazunao Nagata, ex Organization, is cool. (Addition: The cover of Fantastic Explosion was done by Hibiki Tokiwa.) His mix work on the cover album for Lupan "PUNCH THE MONKEY" by Yasuharu Konishi was nice. The remix of Fantastic Explosion "IN THE 90'S" that Marin and Masaya Nakahara participated in was released. Suzukiski is a solo unit by Takahiro Suzuki who left Fantastic Explosion, and he released the album "Message" on SOUP-DISC in January '99.

HAL from Apollo '69(ハル・フロム・アポロ’69)

ドラムン・ベース等の要素もあるオルタナ的ミックスチャー・サウンドですが、デカダンでゴシックぽい90年代のニュー・ウェイヴ的でもあります。ドイツのレーベルからもレコード・リリースもしています。セカンド・アルバムの1曲目の『DRIVE YR TERRAPLANE』はすごくいい。日本語で歌っているが、なぜか英語で歌っているように聞こえます。


It is Alternative Mixture sound including the element of Drum'n'Bass, but it is dacadence and sounds like a Gothic New Wave in 90's. They also released the record from German label. The first track of the second album, "DRIVE YR TERRAPLANE", is extremely good. It has many drum'n' base like songs. It was sung in Japanese, but it sounded like English.

Instant Cytron

オムニバス『トロイの木馬』に収録のAutomatic Hissレーベルのウィスパー・ヴォイス系テクノポップ・バンド。
<オクダケンゴ特派員>後に松尾は脱退し、片岡(Vo)と長瀬(G)の2人組に。


This is a Techno Pop band with whisper voice on Automatic Hiss Label contained in the omnibus "Trojan Horse".
<Correspondent Kengo Okuda> Later, Matsuo left the band and it became a duo of Kataoka (Vo.) and Nagase (G).

Midnight Bowlers

Nelories

奈良在住の女子高生二人組みのふれこみでデビューしたアコーディオンがポイントのゆるいユニット。
<久保氏>もともとネオアコ系ロックをやってたバンドなのですが、『Popstars』という曲はエレポップっぽい。(確かにデュラン・デュランのガレージ版と言う感じです。)
<オクダケンゴ特派員>ボクがポルスプエストでまず思い出すのはネロリーズです。彼女らはまずポルスプエストで作品を発表しますが、その後、彼女らはスイート・スプエストでの作品発表になります。おそらく名称変更したんでしょう。後者レーベルでの作品は東芝EMIから発売されています。「Popstars」は95年発表のアルバム『STARBOOGIE』に収録されています。現在は栗原淳はソロ、久保和美はKazmi With Rickiesで活動。


This is a loose unit with Accordion as a key point which debuted as a high school girl duo living in Nara.
<Mr. Kubo> They are the band who was doing Neo Acoustic Rock, but the tune called 'Popstars' sounds more Electro Pop. (I agree. It's like a garage version of Duran Duran.)
<Correspondent Kengo Okuda> ¡Por Supuesto! reminds me of Nelories. They first released the work on ¡Por Supuesto!, and later their work was released from Suite supuesto. I guess the label name was changed. The latter label was released from Toshiba EMI. 'Popstars' is included in the album "Starboogie" released in '96. Currently, Jun Kurihara acts as solo and Kazumi Kubo acts as Kazmi With Rickies.

Organization

『誓い空しく』と『トロイの木馬』に参加したインスト・テクノ・ユニット。メンバーの三宅剛正は後にとアンビエント・ユニットPacific 231を蓮実重臣(京浜兄弟社所属)と結成する。
<オクダケンゴ特派員>Organizationは永田一直を中心とするユニットです(88年結成)。永田は90年には「トリガー」レーベルを立ち上げます。94年に「トリガー」は「トランソニック」と名称変更し、96年には電子音楽/音響を主軸としたレーベル「ゼロ・グラヴィティ」を設立しました。他に永田は「トリニティ」なるレーベルもやっていたようです。後にFantastic Explosionとして活動。


This is an instrumental Techno unit that joined "Chikai Munashiku" and "Trojan Horse". Mr. Miyake, a member of the unit, formed an Ambient unit "Pacific 231" with Shigetomi Renmi (K-Hin Bros. Co., Ltd.).
<Correspondent Kengo Okuda> I think Organization is a unit centered around Kazunao Nagata (formed in '88). He founded 'Trigger' label in '90. 'Trigger' was renamed to 'Trancesonic' in '94, and he established a new label "Zero Gravity" featuring Electronic Music/Sci-Fi. He also run the label 'Trinity'. Later, he acted as Fantastic Explosion.

Strange Garden

岸野雄一氏も協力している実験系ユニット。


This is an Experimetal unit supported by Mr. Yuuichi Kishino

Tagomago(タゴマゴ)

<オクダケンゴ特派員>『ディスコ、ドラムンベースなどの諸要素をブちこんだ前衛とポップの融合サウンド』とありなんだかよくわからんですが、そんな感じでかなりイイらしいです。


<Correspondent Kengo Okuda> It's said to be "the sound fusioning Avant-Garde and Pop damping various elements such as Disco, Drum'n'Bass". It appears to good as it says though it's a bit confusing.

Omnibus Albums

Best Of Trigger Tracks

[1993]

01. B-2 Dep't: Tokyo Garden [Club Mix]
02. Click Slipp: Gango! [Bemular Mix]
03. Organization: Hope [Giant Club Mix]
04. D.V.P.: Note Book
05. Mind Design: Inner Space
06. Slapping Dizzy: Switch
07. B-2 Dep't: Clockwork Giant Panda
08. G.P.P.: Dan-Gan-Jin
09. G.P.P.: Yakan Ni Teo Irete [Hot Water Mix]
10. Click Slipp: Iitai Yokkyu「いいたい欲求」
11. Nina-Noho: Yokohama Machine
12. Arche Type: Herium
13. Chelly Chu: A Piece Of Venus
14. Organization: Apollo 20

<オクダケンゴ特派員>3曲目は永田+砂原によるリミックスによるテストパターンのカヴァー。以下のバンドのメンバーは:D.V.P.=YA、KT;Mind Design=T. Sawada、K. Sakurai;G.P.P.=Kazuya Kanematsu、Ken Nagasawa、Akemi Kozuka、Akio Ohta、Hideshi Koshizuka;Nina-Noho=TMZ、Merumo。


<Correspondent Kengo Okuda> The 3rd track is a cover song of Test Pattern remixed by Nagata + Sunahara. The names of members are available for the following bands: D.V.P.=YA, KT; Mind Design=T. Sawada, K. Sakurai; G.P.P.=Kazuya Kanematsu, Ken Nagasawa, Akemi Kozuka, Akio Ohta, Hideshi Koshizuka; Nina-Noho=TMZ, Merumo.

Trojan Horse(トロイの木馬)

[1993]

01. Organization: Space Ball
02. B-2 Dep't: Swimming Pool
03. Parapets(パラペッツ):ハガネのダミー
04. Click Slipp: Dust On The Cleaner
05. Instant Cytron: Summer Wine
06. Nobumitsu Honda(本多伸光):インド人
07. GNP: Mechamacho
08. Makoto Yamaguchi(山口真): Mach
09. Captain Age: Paper Driver
10. Controlled Voltage: Closed Eyes View
11. Teruo Nakano(中野テルヲ): Imagine
12. Kimitaka Matsumae(松前公高): Circles, Children & Bridges
13. Tokyo Towers(東京タワーズ):愛の浄化水
14. B-2 Dep't: Trance Pacific 00

東京タワーズの加藤賢崇のラジヲ番組から生まれた加藤賢崇によるプロデュースされたテクノ・インディーズ中心のオムニバスです。¡Por Supuesto!からリリースされました。
<オクダケンゴ特派員>『トロイの木馬』はあくまでもケンソーの番組から生まれたオムニバスなんであって、ここで取り上げられてるからといってそのグループが¡Por Supuesto!所属のグループではないと思います。ですから、例えばオーガニゼーションやクリックスリップはトリガー、インスタント・シトロンはAutomatic Kissがそれぞれホームレーベルであったと考えます。


This is an omnibus album featuring techno indies which was produced by Kenso Kato in Tokyo Towers and born from his radio program. It was released from ¡Por Supuesto!.
<Correspondent Kengo Okuda> "Trojan Horse" is the omnibus born from Kenso's program, and the groups included in it are not necessarily the ones belonging to¡Por Supuesto!. So, Organization and Click Slipp are on Trigger, Instant Cytron is on Automatic Kiss.

The Birth Of The Truth II

[1993] ¡Por Supuesto!

<オクダケンゴ特派員>ポルスプのコンピ第二弾です。90年代の渋谷系レーベルの中でも、ポルスプエストというレーベルは特にネオアコ色が強かったというのが,このコンピを聴くだけでもわかります。参加アーティストは、国内よりTHE PORT、,Instant Cytron、Marigold Leaf、The Flamenco A Go Go、WHITE COME COME、Garp、Hara Yasuhiro、Nelories。そして海外よりTHE WAKING HOURS、EVA LUNA、GLARING SURGE。基本的に、エレポ的な楽曲はシトロン以外はありませんでした。


<Correspondent Kengo Okuda> This is the second compilation on ¡Por Supuesto!. You can tell they had strong orientation towards Neo Acoustic just by listening to this. The artists in the compilation are The Port, Instant Cytron, Marigold Leaf, The Flamenco A Go Go, White Come Come, Garp, Hara Yasuhiro and Nelories. From overseas, The Walking Hours, Eva Luna, Glaring Surge. Basically Instant Cytron is the only Electro Pop type.

HOME | INDEX