TROUBADOUR RECORD
SWEEP RECORDS / O.M.Y.

このページはトルバドール・レコードのアーティスト達を紹介します。トルバドール・レコードはナムコでリッジレーサーや鉄拳の音楽を作っていた細江氏が92年に作ったレーベルで、まにきゅあ団や宇宙ヤングなど、いろいろなおもしろいバンドやユニットが出てます。また、細江氏はYMOをリスペクトするOMYのメンバーでもあります。さしずめ、渋谷系に対抗するアキバ系です。このレーベルの存在はASTRO NOTEの上原さんに教えてもらいました。リンクはTroubadour Recordです。


This page introduces the artists of Troubadour Records. Troubadour Record is founded in 1992 by O.M.Y.'s Mr. Hosoe who created the music for Ridge Race and Tekken in NAMCO and various interesting bands and units such as Manikyua Dan, Uchu Young are released from the label. Mr. Hosoe is also a member of O.M.Y. which respects Y.M.O. They are Akiba-type (the biggest electronic town in Japan) opposing to Shibuya-type. This label was told by ASTRO NOTE' Mr. Uehara. The link is Troubadour Record.

Cyborg'80s UP!Kobayashi, ZunbaManikyua Dan(まにきゅあ団)OMY | Uchu Young(宇宙ヤング)

Manikyua Dan(まにきゅあ団)

OMYの細江氏が団長です。確か雑誌『フォーカス』にフォーカスされていた記憶があります。


The leader is OMY's Mr. Hosoe. I remember they were focused by the magazine "FOCUS".

O.M.Y.(Oriental Magnetic Yellow)

ビートルマニアがラトルズとなったように、Y,.M.O.マニアはO.M.Y.になりました。私は『Sonic Skate Surveyor』しか持ってませんが、『養殖』等のパロッているタイトルはいかしますね。細野晴臣事務所では、Y.M.O.を隠すようにO.M.Y.のレコードが飾ってあると何かで読んだが、本当なのだろうか?今はYセツ王も飾っていたりして。

<OMYの細江慎治氏>OMY誕生は、YMO再生に大きく影響された。再生LIVEから帰ってきた面々が思った事は「なにか違う…」。そう思った人は少なく無いはずだ。確かに素晴らしいけど、コレは今の音楽だ。アンコールで古い曲を演奏した時の胸の高鳴り、会場のうなりがそう語っている。YMOがもう過去に戻らないなら…「自分たちで作っちゃおうよ」。もうすぐ解散するOMYの未来には、本当の意味のOMYが生まれるでしょう。

ALL ABOUT JAPANにて『COMPACT OMY』記事を2001年7月11日に掲載。


As Beatlemania became Rutles, Y.M.O.mania became O.M.Y. I have "Sonic Skate Surveyor" only, but the parody title such as "Youshoku" is cool. I read somewhere that O.M.Y. records are displayed to hide Y.M.O.'s in Haruomi Hosono office, but is it true? Y-Setsu-O may be displayed, too.

<Mr. Shinji Hosoe of OMY> The birth of OMY was heavily influenced by the reunion of YMO. People who came back from the reunion live felt "Something is different...". There must not be a few who felt so. While it's excellent, it's current music. Heart beat and wave in the hall when they played old songs in the anchor was telling that. If YMO does not go back to the past... "let's make it by ourselves". In the future of OMY which will be disbanded soon, the real OMY will be born.

Uchu Young(宇宙ヤング) / Kobayashi, Zunba / Cyborg'80s

「テクノ歌謡マニアクス」でも笹キミヒト氏は「マイフェイバリットテクノ歌謡」でチャクラの「空の友達」を紹介。new wave BBSの常連でもある小林和博改めZUNBA小林氏は「宇宙」と「未来」をコンセプトにテクノポップ好きによるテクノポップ好きのためのソロ・アルバムを発表。アルバム収録のBebeのヴォーカルをフィーチャーした11曲目「記憶の海」は小川美潮の好きな人にはお勧め。

祝!宇宙ヤング復活。『FUTURETRON SAMPLER』にも参加した宇宙ヤングが、新生・宇宙ヤングとなって帰ってきた。第一弾は『あいつはクイズ王』。郷ひろみ唱法テクノ歌謡が炸裂!

ALL ABOUT JAPANにて『僕たち、サイボーグ'80s』記事を2002年8月14日に掲載。

ASTRO NOTEのウエハラ氏>とてもおもしろいテクノポップの新人バンドで、コズミック・サーフィンのカバーとかやってます。
<OMYの細江慎治氏>1998年にアルバム発売、その後解散する事になる。1999年キーボードの小林氏のソロアルバムを発売予定。
<元宇宙ヤングのZUNBA小林氏>「TECHNO the FUTURE」に参加してもらったBebeは、最近クラブ系で人気の出てきたJazztronikでも活躍しています。6月にはソロを出すようです。今後もテクノポップをキーワードにしつつ、またそれとは別に「うた」を中心としたユニット「Floating Flower」を現在準備中。
<元宇宙ヤングの笹公人氏>宇宙ヤングは、96年結成。98年、ローランド・バンド・パラダイスでオーディエンス大賞を受賞。同年、ファーストアルバムをリリース。のちに解散。笹キミヒトは現在、笹公人として、歌人、作詞家などで活動している。今年(2001年)、歌集『念力家族』を出版予定。只今、新メンバー、女性Voによる新生・宇宙ヤングを準備中。


Mr. Kimihito Sasa introduced Chakra's "Sora No Tomodachi" as "My Favorite Techno Kayo" in "Techno Kayo Maniacs". Mr. Kazuhiro Kobayashi renamed as Zunba Kobayashi who is a regular member of new wave BBS released his solo album by a Techno Pop fan for Techno Pop fans with the concept of "Space" and "Future". The 11th track "Kioku No Umi" featuring Bebe as a vocalist is recommended for those who like Mishio Ogawa.

Congrat for the rejuvination of Uchu Young! Uchu Young who participated in "FUTURETRON SAMPLER" is back as new Uchu Young. The first release is "Aitsu Wa Quiz-Oh". Techno Kayo with Hiromi Go singing sytle explodes!

<ASTRO NOTE's Mr. Uehara> This is a very interesting new techno pop band and they cover "Cosmic Surfin'".
<Mr. Shinji Hosoe of OMY> They released the album in 1998 and were disbanded after that. In 1999, Mr. Kobayashi, a keyboardist, plans to release his solo album.
<Mr. Zunba Kobayashi, ex-Uchu Young> Bebe who appeared in "TECHNO the FUTURE" is performing in Jazztronik which is becoming popular recently in the club scene. She will release her solo album in June. I am currently preparing the unit "Floating Flower" centered around "songs" while Techno Pop will be a key word for me.
<Mr. Kimihito Sasa,, ex-Uchu Young> Uchu Young was formed in '96 and received the audience prize in Rolland Band Paradise in '98. In the same year, we released the first album. Then dibanded. Kimihito Sasa is active as a tanka poet and lyricist. This year (2001), I plan to publish the poet collection "Psychic Family". I am currently preparing newly born Uchu Young with a new female vocalist.

HOME | INDEX