HELLO! ACADEMY presents
TSUNKU FAMILY(つんく系)
真面目に聴こう、モーニング娘。とその仲間たち

小室系J-EUROに続いて、POP ACADEMY大衆化路線の危惧のある中、ズバリつんく系です。シャ乱Qについてはちょっと色物の浪速の歌謡ロックバンド(中古屋でシャ乱QのCDは安値状態)としての認識しかなかった人たち(僕のその一人)が多いのですが、「LOVEマシーン」以降のつんく仕事には多くの音楽誌で好意的な評論がなされています。ASAYANでも小室氏がやる気をなくしてきたから、つんくを呼んできたとぐらいにしか捉えていなかったのですが、今や最高の盛り上がり状態。つんくがテクノ歌謡(どちらかと言えばディスコ歌謡)の後継者であるかは意見が分かれるところですが、彼が80年代初期のテクノ歌謡に影響を受けたことは雑誌SWITCH3月号『さよなら歌謡曲』(オクダ特派員、情報ありがとう)でのつんく氏のインタビューで読み取れる。以下、抜粋。『僕は子供の頃YMOに驚いたのと、イモ欽トリオを見た時の衝撃はあまり変わらないわけですよ。もちろん音はどちらも細野晴臣さんが作っていたわけですけど。...誰かが面白がってパロってイモ欽トリオをつくってるんですよ、きっと。...あと本当にこけるだろうなあと思っていたのが、あのスターボーっていうグループなんですけど。あれは子供ながらにイケてるのか、と思いましたよ。』後、渋谷系の専売特許であったもとねたの使い方がもう一つのポイントでしょう。一般大衆が聴いてキャッチーなのですが、洋楽系のファンも取り込める面白い現象が生まれている。曲の○○歌謡という○○の部分をイメージさせるアイコンのようなものですね。「LOVEマシーン」で編曲を手掛けたダンス☆マンも気になるところです。今後も上昇気流でヒットを飛ばし続けられるか、急下降するか?プロデューサーつんく仕事に注目していきます。皆さんからのつんく仕事に対する意見・感想・批評(もとねた系歓迎)も募集します。しかし、このページ英訳して意味在るのだろうか?

〔注〕現在、このページはhymn特派員とオクダケンゴ特派員によって、ほとんど運営されています。そのためにhymnさんは、モー娘。系のシングルもちゃんと新譜で買っています。

オリコン・チャート追加。

ALL ABOUT JAPANにて『モーニング娘。大解剖 』記事を2001年4月18日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『モーニング娘。成功の9ケ条 』記事を2001年5月16日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『トリビュートTOモーニング娘。』記事を2001年7月25日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『あゆに負けるな!モーMIX。』記事を2001年8月1日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『早安少女組。』記事を2001年9月26日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ミニモニ。テクノガイド』記事を2001年10月10日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『娘。になれなかった娘たち』記事を2001年10月24日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『渡部チェル・モー研究』記事を2002年1月16日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ジャングルビートで連打!』記事を2002年2月27日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『大阪爆音娘。〜予告編』記事を2002年6月19日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『大阪爆音娘。〜突入編』記事を2002年7月3日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ハロプロ聖域なき構造改革』記事を2003年1月16日に掲載。


This is about Tsunku Family following TK Family, J-EURO when people are worried about the direction of POP ACADEMY towards mass. While many (including myself) view Sharan Q as a B-class Osakan Kayo Rock band (Sharan Q's CDs are sold cheaply in the used shops), Tsunku works from "LOVE Machine" got positive critics in many music magazines. He's at the peak while I thought ASAYAN invited Tsunku as Mr. Komuro started to get tired. There is some debate to judge if Tsunku is a true successor of Techno Kayo (it's rather Disco Kayo), you can read that Tsunku was influenced by Techno Kayo in the early 80's in the interviews with Mr. Tsunku in the magazine SWITCH March issue "Good-bye Kayo-kyoku" (thanks to Correspondent Okuda). The following is quoated: "For me, the impact of YMO when I was a child is the same as that of Imokin Trio. Of course, both of the sounds were made by Mr. Hosono... Someone is making Imokin Trio as a parody, for sure... The one I though they would fail is the group called Starbow. I thought it's cool as a child." The other point is the way he use the old popular songs which was patented by Shibuya-styled artists. It's very catchy for mass, but it creates interesting phenomena that overseas Pop/Rock manias still enjoy them. It's a kind of Icon to decide ** part of ** Kayo. Dance*Man who arragned "LOVE Machine" attracts my attention. Will he continue to release hit singles flying high? Or will he dive? I will check the works of Tsunku as a producer. I also appreciate your opinions, comments, critics about Tsunku works (especially where they come from). But, is it meaningful to have English translation in this page?

[Remarks] This page is currently maintained mostly by Correspodent hymn and Kengo Okuda. For this, Mr. hymn has been faithfully buying new releases around Morning Musume.

Morning Musume. Family(モー娘。ファミリー)
Morning Musume.(モーニング娘。) UP! | Takagi, Boo & Morning Musume., Coconut Musume., Miki Fujimoto, Rika Ishii(高木ブーとモーニング娘。・ココナッツ娘。・藤本美貴・石井リカ) NEW! | Tanpopo(タンポポ) UP! | Petitmoni(プッチモニ) UP! | Minimoni.(ミニモニ。)/ Minihamus(ミニハムず) UP! | Goto, Maki(後藤真希) UP! | Nakazawa, Yuko(中澤ゆうこ) UP! | Ichii, Sayaka(市井紗耶香) UP! | Morning Musume. Solo(モーニング娘。ソロ)
Shuffle Units(シャッフル・ユニット)
Kiiro 5(黄色5) | Aoiro 7(青色7) | Akagumi 4(あか組4) | 3-nin Matsuri(三人祭) | 7-nin Matsuri(7人祭) | 10-nin Matsuri(10人祭) | Happy 7(ハッピー7) | Sexy 8(セクシー8) | Odoru 11(おどる11) | Garage, The
Hello! Project(ハロー!プロジェクト)

Country Musume.(カントリー娘。) | Melon Kinenbi(メロン記念日) | Taiyo & Ciscomoon(太陽とシスコムーン) -> T&C Bomber(T&Cボンバー)
|Coconuts Musume.(ココナッツ娘。) | Heike, Michiyo(平家みちよ) | Matsuura, Aya(松浦亜弥) | Maeda, Yuki(前田有紀) | Fujimoto, Miki(藤本美貴)
Tsunku-chan. Label(つんくちゃん。レーベル)
Chibi-Tsunku(チビつんく) | Kucchikomi(クッチコミ) | Tachibana, Risa(立花理佐)
Other Tsunku Productions(その他つんく関連)
Kiss No Sekai(キッスの世界) | 7 House | Tsunku(つんく) | Tsunku Beat(つんくビ♂ト) | Sharan Q(シャ乱Q) | Dance*Man(ダンス☆マン) | Mitsuki, Arisa(観月ありさ) | Tokio | EE Jump | Sonim(ソニン) UP! | One Gal(ワンギャル) | Sheki-dol(シェキドル) | Enari, Kazuki(えなりかずき)
Ominibus Albums
Petit Best - Ki Ao Aka -「プッチベスト〜黄青あか〜」 | Together - Tanpopo Petit Mini Yuko「Together - タンポポ・プッチ・ミニ・ゆうこ」 | The Douyou Pops 1 Christmas & Fuyu No Uta Shu「ザ・童謡ポップス1 クリスマスと冬のうた集」 | Petit Best 2 - 3, 7, 10-「プッチベスト2〜三・7・10〜」 | The Douyou Pops 2 Haru No Uta Shu「ザ・童謡ポップス2 春のうた集」 | Folk Song 2 | The Douyou Pops 3 Natsu No Uta Shu「ザ・童謡ポップス3 夏のうた集」
Cover Albums
Various Artists Covers "Morning Musume."!「カバー・モーニング娘。!」
Others

Morning Musume. Family

Morning Musume.(モーニング娘。)

Takagi, Boo & Morning Musume., Coconut Musume., Miki Fujimoto, Rika Ishii
(高木ブーとモーニング娘。・ココナッツ娘。・藤本美貴・石井リカ)

Tanpopo(タンポポ)

Petitmoni(プッチモニ)

Minimoni.(ミニモニ。) / Minihamus(ミニハムず) / Minimonihime.(ミニモニ姫。)

Goto, Maki(後藤真希)

Nakazawa, Yuko(中澤ゆうこ)

Ichii, Sayaka(市井紗耶香)

Morning Musume Solo(モーニング娘。ソロ)

Shuffle Units(シャッフル・ユニット)

Kiiro 5(黄色5) / Aoiro 7(青色7) / Akagumi 4(あか組4)

3-nin Matsuri(三人祭)/ 7-nin Matsuri(7人祭) / 10-nin Matsuri(10人祭)

オクダ特派員からは、「7人祭が、どうしようもなく語るべきトコがみつけられないんで…。」、hymn特派員からは「タンポポみたいにテレビで見た後にCD買って聴いても“よくできてるなあ〜”と唸りたくなる出来ならいいのですが…。祭はCD聴いてもそんなにすごい音処理があるわけでなし…カップリングの曲は良かったですが…。」とさじを投げられてしまったかわいそうなお祭ユニットです。

Happy 7(ハッピー7) / Sexy 8(セクシー8) / Odoru 11(おどる11)

Garage, The

Hello! Project(ハロー!プロジェクト)

Country Musume.(カントリー娘。) / Country Musume. Ni Ishikawa, Rika(カントリー娘。に石川梨華)

Melon Kinenbi(メロン記念日)

Taiyo & Ciscomoon(太陽とシスコムーン)-> T&C Bomber(T&Cボンバー)

Coconuts Musume.(ココナッツ娘。)

Heike, Michiyo(平家みちよ)

Matsuura, Aya(松浦亜弥)

Fujimoto, Miki(藤本美貴)

Tsunku-chan. Label(つんくちゃん。レーベル)

Chibi-Tsunku(チビつんく)

Kucchikomi(クッチコミ)

Tachibana, Risa(立花理佐)

Other Tsunku Productions(その他つんく関連)

Kiss No Sekai(キッスの世界)

7 House

Tsunku(つんく)

Sharan Q(シャ乱Q)

Mitsuki, Arisa(観月ありさ)

Tokio

EE Jump / Sonim(ソニン)

One Gal(ワンギャル)

Sheki-dol(シェキドル)

Enari, Kazuki(えなりかずき)

Omnibus Albums

Petit Best - Ki Ao Aka -「プッチベスト〜黄青あか〜」

[2000] zetima

01. Petitmoni(プッチモニ): Chokotto LOVE「ちょこっとLOVE」
02. Kiiro 5(黄色5): Kiiroi Osora De BOOM BOOM BOOM「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」
03. Aoiro 7(青色7): Aoi Sports Car No Otoko「青いスポーツカーの男」
04. Akagumi 4(あか組4): Akai Nikkicho「赤い日記帳」
05. Natumi Yasube(安部なつみ): Toumorokoshi To Sora To Kaze「トウモロコシと空と風」
06. Tanpopo(タンポポ): Tanpopo「たんぽぽ」 (single version)
07. Tanpopo(タンポポ): Seinaru Kane Ga Hibiku Yoru「聖なる鐘がひびく夜」
08. Morning Musume.(モーニング娘。): LOVE Machine「LOVEマシーン」 (analog remix)
09. Morning Musume.(モーニング娘。): Koi No Dance Site「恋のダンスサイト」 (PANDART SASANOOOHA Remix)
10. T&C Bomber(T&Cボンバー): Marui Taiyo「丸い太陽」 (4人version)
11. Yuko Nakazawa(中澤ゆうこ): Junjo Koushinkyoku「純情行進曲」
12. Michiyo Heike(平家みちよ): Anata No Yume Ni Naritai「アナタの夢になりたい」
13. Michiyo Heike(平家みちよ): Daikirai「ダイキライ」
14. Coconuts Musume.(ココナッツ娘。): Summer Night Town「サマーナイトタウン」 (English Version)
15. Coconuts Musume.(ココナッツ娘。): DANCE & CHANCE (English Version)
16. Kiiro 5 Aoiro 7 Akagumi 4(黄色5 青色7 あか組4): Hello! No Theme「Hello!のテーマ」 (16人version)

zetimaとつんくしてやったりです。黄青あかのシングルを売り切って、モー娘。の3rdの後に、ギリギリまで発表しないで突然出すとは。12"アナログのみ収録の「LOVEマシーン」 (analog remix)とキレまくれリミックス「恋のダンスサイト」 (PANDART SASANOOOHA Remix)をこういう形で出すとは心憎い戦略です。市井がいたプッチモニ(「テクノ歌謡マニアクス」にも載ってたね)の最後の晴れ舞台?


zetima and Tsunku did it. They suddenly released this without much advanced notice after selling out the singles of Ki Ao Aka and Morning Musume.'s 3rd. It's a stunning strategy to release "LOVE Machine (analog remix)" and out of control remix "Koi No Dance Site (PANDART SASANOOOHA Remix)" which were available only in 12" singles in this form. This is the last Petitmoni (appeared in "Techno Ca-yo Maniacs") with Ichii.

Together - Tanpopo Petit Mini Yuko「Together - タンポポ・プッチ・ミニ・ゆうこ」

[2001] zetima

01. Minimoni.(ミニモニ。): Minimoni. Janken Pyon!「ミニモニ。ジャンケンぴょん」
02. Tanpop(タンポポ): Koi Wo Shichaimashita!「恋をしちゃいまいた!」
03. Petitmoni(プッチモニ): Baby! Koi Ni Knock Out!「BABY!恋にKNOCK OUT!」
04. Yuko Nakazawa(中澤ゆうこ): Kuyashinamida Porori「悔し涙ぽろり」
05. Tanpopo(タンポポ): Otome Pasta Ni Kandou「乙女 パスタに感動」
06. Petitmoni(プッチモニ): Seishunjidai 1. 2. 3!「青春時代1.2.3!」
07. Minimoni.(ミニモニ。): Harunatsuakifuyu Daisukki!「春夏秋冬だいすっき!」
08. Petitmoni(プッチモニ): Baisekoh Daiseikoh!「バイセコー大成功!」
09. Yuko Nakazawa(中澤ゆうこ): Shanghai No Kaze「上海の風」
10. Petitmoni(プッチモニ): Chokotto Love (2001 Version)「ちょこっとLOVE (2001 Version)」
11. Tanpopo(タンポポ): Tanpopo (2001 Version)「たんぽぽ (2001 Version)」
12. Yuko Nakazawa(中澤ゆうこ): Akai Nikkichou (by Nakazawa Version)「赤い日記帳 (by 中澤 Version)」
13. Minimoni.(ミニモニ。): Minimoni. Dancin'!「ミニモニ。ダンシン!」
14. Minimoni.(ミニモニ。): Minimoni. No Uta「ミニモニ。の歌」

銀河宇宙的なフォトコラージュ・ジャケに惹かれて買った人も多いのでは?いや、そんな人は居ません。シングルを全部買っているYさんのような人も買いたくなるように、「ちょこっとLOVE(2001年 Version)」(オリジナルの方が明らかに言い出来)、「たんぽぽ(2001年 Version)」(僕は、こっちの方が好き)、「赤い日記帳(By 中澤 Version」等の別テイクも収録。


Are there many people who bought this due to the gallactic photo-collage cover art? No, there should be nobody like it. To the people who have bought all the singles like Mr. Y, it contains different takes like "Chokkotto LOVE (2001 Version)" (the original is obviously better), "Tanpopo (2001 Version)" (I like this version better), "Akai Nikkichou (By Nakazawa Version)".

Petit Best 2 - 3, 7, 10-「プッチベスト2〜三・7・10〜」

[2001] zetima

01. 3-nin Matsuri(三人祭): Chu! Natsu Party「チュッ!夏パーティ」
02. 7-nin Matsuri(7人祭): Summer Raggae Rainbow「サマーれげぇ!レインボー」
03. 10-nin Matsuri(10人祭): Dancing! Natsu Matsuri「ダンシング!夏祭り」
04. Minimoni.(ミニモニ。): Minimoni. Telephone! Ring Ring Ring「ミニモニ。テレフォン!リンリンリン」
05. Tanpopo(タンポポ): Ohji-sama To Yuki No Yoru「王子様と雪の夜」
06. Petitmoni(プッチモニ): Pittarishitai X'mas!「ぴったりしたいX'mas!」
07. Maki Goto(後藤真希): Afurechau... Be In Love「溢れちゃう...BE IN LOVE」
08. Morning Musume.(モーニング娘。): Renai Revolution 21 (Chochocho cool remix)「恋愛レボリューション21(超超超cool remix」
09. Melon Kinenbi(メロン記念日): This is Unmei「This is 運命」
10. Coconuts Musume.(ココナッツ娘。): Jonetsu Iki Miraisen「情熱行き未来船」
11. Yuko Nakazawa(中澤裕子): Futari Gurashi「二人暮し」
12. Michiyo Heike(平家みちよ): Propose「プロポーズ」
13. Aya Matsuura(松浦亜弥): Merry X'mas For You (holly night version)
14. Country Musume. Ni Ishikawa Rika (Morning Musume.)(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)): Hajimete No Happy Birthday! (country version)「初めてのハッピーバースディ!(country version)」
15. 20-nin Matsuri(20人祭): Hello! Mata Aoune「Hello!また会おうね」

6ヶ月ペースでハロプロ系オムニバスを出していますね。次は、『Together 2』なんでしょうかね。曲目を見て明白な事は、つんく♂は「!」が大好き。7曲のタイトルが「!」入り。ポイントが高いのは、8曲目の『恋愛レボリューション21(超超超cool remix)』と最後に「ポキポキポッキー」が入っているラスト曲ですね。出来る事なら、全部、ミックス違いにして欲しかったけど。


Hello! Project ominbus albums have been released every 6 month. The next will be "Together 2", won't it? The obvious thing from the track list is that Tsunku likes "!". 7 titles include "!". The tracks with high points are the 8th track "Renai Revolution 21 (Chochocho cool remix)" and the last track including "Pokipokipockey". I wish all are some new mixes.

Cover Albums

Various Artists Covers "Morning Musume."!「カバー・モーニング娘。!」

[2001] Polydor

01. Daniece Williams: Dance Site
02. Debbie Ffrench: Hold On Me!
03. Cindy Braggs (En Vogue): Peace!
04. T.A.M.K.: Summer Rainbow
05. Tara McDonald: Endlress Summer
06. Kuk Harrell: A Red Diary
07. Vanessa Williams: I Wish
08. Debbie Ffrench: Love Machine
09. Danna McAfee: Love Revolution 21
10. Shakatak: Morning Coffee
11. Debbie Ffrench: Summer Night Town
12. Tonya Kelly (JADE): Memories

POP ACADEMY RECORDSの第二弾として、よしの氏が企画していた「モー娘。カヴァー集」先にやられちゃいました。まぁ、ちょっと、ジャンルが違うので良しとしましょう。ゲーリーとも何故か共演したShakatak(インスト)と元ミス・アメリカ(スキャンダルで剥奪されたのだったかな〜)のVanessa Williamsしか知りませんが、R&Bシンガー系が中心のよう。hymnさんも言ってましたが、原曲がわりとソウルっぽいものが多いので、違和感はありません。結構、つんく♂の原曲の良さを認識。Vanessaの『I WISH』が僕的にはベストですが、モー娘。版よりもいいかも。英訳詞となっていますが、かなりの意訳、ものによっては新訳です。つんく♂の詞は、過剰な日常的具体性がひとつの特徴ですが、英訳詞ではかなり具体性はなくなってます。たとえば、『ザ☆ピ〜ス!』に於ける「意味ないけど コンビニが好き」とか「選挙の日って ウチじゃなぜか 投票行って 外食するんだ」などの歌詞は、英訳詞ではありません。でも、『I WISH』での「人生ってすばらしい」と英訳詞での「Life Is So Wonderful」は、ばっちしあってます。英語のネイティヴが聴いてどう思うか、感想を聞きたいものです。


This got ahead of "Monrning Musume Cover Album" that was planned by Mr. Yoshino as the second release on POP ACADEMY RECORDS. But, it is okay as the genre is different. While I only knew Shakatak (Instrumental) which somehow worked with Gary Numan and Vanessa Williams, ex-Miss America (her title may have been taken out due to the scandal if I remember correctly), the main are R&B singers. As Mr. hymn said the same comment, there is no mismatch as many of the originals have the taste of Soul. I kind of realized the quality of Tsunku's originals. Vanessa's "I WISH" is my personal best, and it may be better than the original Morning Musume version. While they are English translated lyrics, they are translation by meaning, some are new translation beyond the original meaning. Tsunku's lyrics have excessively concrete expression of daily life as strong characteristics, but English lyrics lost most of them. For example, "I like convenience stores by no mean" and "On the day of election, my family eats out after voting somehow" in the track "The Peace!" are gone in the English lyrics. But, "I WISH" has the exact lyrics with "Life Is So Wonderful". I wonder how native English speakers feel about this.

HOME | INDEX