Ultravox
Foxx, John / Nation 12 / Ure, Midge / Currie, Billy / Faith Global / Slik / Rich Kids / Stone Rose

Ultravox

Foxx, John

Nation 12

Ure, Midge

Currie, Billy

Faith Global

Slik

Rich Kids

Stone Rose

ウルトラヴォックスは、ジョン・フォックスを中心とした第一期(『システム・オブ・ロマンス』迄)、元リッチ・キッズのミッジ・ユーロ加入後の第二期(『ヴィエナ』以降)、ビリー・カーリーがトニー・フェネルと再結成した第三期に分かれる。第一期、第二期とも評価は高いが、商業的成功は、第二期に迎える。アルバムタイトルともなったシングルカット、『ヴィエナ』は全英2位になった。エレクトロ機器を駆使した重厚なサウンドで人々を魅了した。ミッジはまたバンド・エイド・プロジェクトの中心的存在で、『Do They Know It's Christmas?』をボブ・ゲルドフと共作した。個人的には『We're The World』より数倍よいと思う。クリス・クロスは元ストーン・ローズ(ストーン・ローゼズではありません)というバンドにいました。

Ultravoxのサイトオーナのスラン>ビリー・カーリーは『Transportation』と言うソロ・アルバムを『Stand Up And Walk』以前にリリースしました。スティーヴ・ハウ(イエスとエイジアのギタリスト)が参加し、88年にイリーガル・レコードからリリース。私の個人的なお気に入りです。

<荒特派員>Nation 12はジョン・フォックスがやってたユニットです。12インチを2枚出してます。あまりおもしろくない(ジョン・フォックスらしさは全然ない)ブレイク・ビーツものです。

Faith Globalは初期ウルトラヴォックスのギタリストだったスティーヴ・シェアーズがジェイソン・ガイと結成したユニット。サックスで参加したDuncan Kilburnは元サイケデリック・ファーズの人。「もしや」と思い、ちょっと気になって邪外さんのページ見たら、既に載ってました。なんとジャケ写付きで。邪外さん、スティーヴ・シェアーズびいきだから。でも、NATION 12は載ってない・・・。五分五分ですな。Survival Recordsのオムニバスにも収録の「Forgotten Man」はアルバム・ヴァージョンとは別ヴァージョンだそうで、後藤次利ばりのチョッパー・ベースびんびんの、ディスコ調エレ・ポップといった感じ。

(John Foxx、Midge Ure、Faith Global、Slik、Rich Kidsのディスコグラフィー追加。)

<Underpass (Denmark)特派員>ジョン・フォックスはB.E.F.による『Music Of Quality And Distinction Vol. 1』に収録のビリー・マッケンジーの『It's Over』でアコギを演奏しています。また、アン・クラーク(Tenレコードの『Pressure Points』)やSurvivalレコードのThirteen At Midnightをプロデュース。

(John Foxxのやけに詳しいディスコグラフィー追加。)


Ultravox has three periods; the first period centered by John Foxx (before "System Of Romance"), the second period after Midge Ure, ex-Rich Kids joined (after "Vienna") and the third period reunited by Billy Currie and Tony Fenel. Both the first and second period are highly regarded while commercial success was achieved during the second period. "Vienna", a single from the same titled album, reached top 2 in U. K. chart. They attracted people with thick sound fully utilizing electro instruments. Midge also played a primary role for Band Aid project and he co-wrote "Do They Know Its' Christmas?" with Bob Geldoff. I personally think it is several times better than "We're The World". Chris Cross used to be in the band called Stone Rose (not, Stone Roses).

<Slan, a Ultravox site owner> Billy Currie has released another solo album before "Stand up and walk". It's called "Transportation", Steve Howe (guitarist of Yes and Asia) appears in it, it was released in 1988 by Illegal Records, and it's my personal favourite.

<Correspondent Ara> Nation 12 is a unit led by John Foxx. Two 12" single were released. It's not very interesting Breakbeats type (not like John Foxx at all).

Faith Global is a unit formed by Steve Shears, a guitarist of early Ultravox!, with Jason Guy. Duncan Kilburn who appeared as a sax player is ex-Psychedelic Furs. As I checked out Ultravox Station, there is already the information on this with the cover art. I know Mr. JAGE is a supporter of Steve. But, there is no information on Nation 12. Break-even. "Forgotten Man" that was also included in Survival Records omnibus album is different from the album version, and it's like Discotique Electro Pop with chopper bass like Tsugutoshi Goto.

(The discography on John Foxx, Midge Ure, Faith Global, Slik, Rich Kids were added.)

<Correspodent Underpass (Denmark)> John Foxx's played acoustic guitar on Billy Mackenzie's "It's Over" in "Music of Quality and Distinction Vol. 1" by B.E.F. John Foxx produced Anne Clarke ("Pressure Points" on Ten Records) and Thirteen At Midnight on Survival Records.

(The very detailed discography on John Foxx was added.)

HOME | INDEX