Urban Dance(アーバン・ダンス)
4-D / N.O.T. / Narita, Shinobu(成田忍) / House Foundation / Soul Bossa Trio

Urban Dance(アーバン・ダンス)

4-D

N.O.T. (with WEBB)

Narita, Shinobu(成田忍)

House Foundation

Soul Bossa Trio

ノン・スタンダードから高橋幸宏プロデュースでデビューしたダンス系テクノパンド。デビュー当時はポストY.M.O.本命という触れ込みだけありけっこうファンキーかつテクノな音を聞かしてくれた。成田忍はその後元ジューシー・フルーツの沖山優司らとN.O.T.やソロとして活動したが、表舞台からは退き、現在はヴィジュアル系バンドなどのプロデューサーとして活躍。

<TK氏>解散前にカセットブックをリリースしています。(持ってないです) で4−Dは、アーバン以前に在籍したグル−プでアルバム以前にソノシートを5枚リリ−ス(無料配布)しています。カセットブックは「非公式」なもので、レコード会社の連番等はありません。デビュー直後に成田さんは、五十嵐久勝(元ノヴェラのVO)のソロアルバム『パズル』をプロデュースしました。このアルバムは、2 1/2に収録された原曲とかP-MODELの「七節男」などが収録されてます。

<TS嬢>名称は「Dream Explorer」で、2 1/2を発売した頃、ライブ等の会場で販売されていたもので、当時は通販もしていました。内容は「カセット:4-D時代の成田忍のソロソノシート"シノブ"に入っていたセラミックラブや4-D時代の音源、U/D初期の音等、ブックレット:全部で20ページ程度で、メンバーそれぞれの子供の頃の写真と文書、それをモチーフとした写真と文書」で成り立っています。その後成田氏は沖山優司氏と再度「アーバンゲリラ」を結成し吉祥寺バウスシアターで一回ライブをしましたが、スポンサーがつかずそのまま消滅。成田氏はその後土屋昌巳氏のバックバンド等を経て現在に至ります。初期のU/Dは4-D(SHINOBUの作品が主体との追加情報もあり)の焼き直しで歌詞を有名人(ふーちゃんや吉田美奈子さん)に変えただけで、「作曲:成田忍」の(U/Dとしての)新作はほとんどありませんでした。ライブは強力で楽しくて良かったです。「Dr. Diet」の間奏で見せるラップ、ユキヒロの「Blue Color Worker」のカバー等ハイセンス、ハイレベルで流石インディーズ出身!!と思わせるものでした。  

<MS氏>4−Dの音楽は「テクノ・ポップ」とはいいづらいのですが、メンバーのほとんどが「テクノ・ポップ」のバンドに関わっていますので、取り上げるべきでしょう。メンバーは小西健司、横川理彦、成田忍、中垣和也の4人です。成田氏、横川氏共に99.99(フォー・ナイン)というフュージョン色の強いプログレバンドでレコード・デビューを果たしています。一方、小西氏はDADAというエレクトロ/プログレ系のユニットでレコード・デビューしています。DADAのライブに成田・横川氏が参加したことがきっかけとなり4−D結成となります。4−Dの活動初期にはDADAの持ち曲もやっていたようです。また、4−D時代には英語で唄われていた「エミリア」と言う曲が鈴木博文氏の作詞で「バラのエミリア」としてアーバンダンスのアルバム「2 1/2」に収録されています。(CDのみのボーナストラックです。要注意。)既にご存知でしょうが、成田氏はアーバンダンスを結成、横川氏はP−MODELに加入、脱退後ソロ活動と平行してメトロファルスへ参加、小西氏は現在P−MODELのメンバーです。

<que嬢>元々4−Dとは小西さんが主導になってやっていたユニットで、メンバー編成によりmode-0、mode-1、mode-2と形態がわかれていました(このへん99.99と似ている)で、成田忍、横川理彦はmode-1のみのメンバーで、mode-0は小西さんと中垣さん、mode-2は小西さんとvo.の梗(kyo)さんと周明さんのユニットです。成田忍がSHINOBUをはじめてからもmode-1は多少平行してやってたとは思いますが、成田忍が上京してからもmode-0は何度もライブを行っております。小西さん自身がP-MODELに参加してしまったことにより初めて4-Dは消滅したといえるのではないでしょうか。ちなみに、mode-2は、レコーディングオンリーの秘密ユニットであったため、ライブはたった1回行われただけです。それもVo.の梗さんが一人でカラオケで歌うというものでした。成田氏は横川氏を加えてSHINOBUを結成するも横川氏のP-MODEL参加により小山氏を迎え入れたのち、デモテープが認められ、Urban Danceと改名する。

<元アーバンダンスの松本浩一氏>現在House FoundationとSoul Bossa Trioというユニットで活動しています。又東京アナウンス学院と言うところでハウスミュージックの打ち込みを教えています。House Foundationは、けっこうブラック色が強い文字どうりハウスミュージックです。ポニーキャニオンから2枚ずつアルバムとシングルを出しています。リミックスもいくつか手掛け、ELT(Future World <KM Future Voice Mix> 97年)、Two Mix(T.R.Y. <High Fly Vocal Mix> 97年)、GTS(One Hundred Ways <KM Disco Quartet Vocal> 99年)、露崎春女(Wish <KM Evening Eve Mix> 97年)、Orito(Low Down <House Foundation KM Dub> 98年)等がリリースされています。Soul Bossa Trioは正式に加入して2年近くになります。Soul Bossa Trio については、Jazz、Bossa Nova、Samba、Latin、Soul等の様々なダンスミュージックを独自に取り入れた一言では説明出来ない音です。オリジナルリーダーは、Gonzalez Suzukiで、彼は『ごきげんよう』のオープニングテーマで有名な東京パノラママンボボーイズのメンバーだった人です。『Nature Vision』、『Supernova』が昨年リリースされています。去る1月15日には、On Air NestでNew Wave Junkyと言うイベントがあり、成田氏がとあるバンドに飛び入りで参加していました。私はそこでDJをして来ました。成田氏とは6年ぶりに会いました。

<荒特派員>UD以前に“SHINOBU”名義でKANG GUNG RECORDSというレーベルから出したソノシート、「Ceramic Love」を持っています。UDヴァージョンと歌詞が違っており、最初の♪I've got you〜のとこは歌詞がないです(後半は歌詞アリ)。作詞は、UDの1stで他に何曲か詞を書いている沢田雄児氏ですが、1stのヴァージョンはGiles Dukeが詞を書いているので全然違う英詞です。ソノシートは直径20cm。メンバーは成田氏とKen Asamaなる人物。B面の「Earth」はKen Asama氏のソロ・トラック。P-MODELがやりそうなメタリック・テクノなインスト。また、92年にアルファから発売されたオムニバスCD『オルタネイティヴ・エレクトリックス〜フューチャリズム1992』にはソフト・バレエ、UD-ZERO、EUR、ICBM、oscilloscopeというほとんど無名の5組のアーティストの曲が入ってますが、この中のUD-ZEROは成田忍氏のソロ・ユニットだそうです。 


This is a Dance Techno band who release their debut album produced by Y. Takahashi from Non Standard label. They were introduced as post Y.M.O. and delivered cool funky Techno sound. Shinobu Narita played as N.O.T. with Yuji Okiyama formerly in Juicy Fruits and solo, but he brought himself out of the front stage, and became more active as a producer for Visual bands.

<Mr. TK> They released a cassette album before disbanding. (I don't own this). 4-D is the group before Urban Dance. They released 5 Flexii-discs (free distribution) before releasing the album.
Right after the debut, Mr. Narita produced Hisakatsu Igarashi's (ex-vocalist of Novella) solo album "Puzzle". This album contains the original in the "2 1/2" and Nanafushiotoko of P-Model, etc.

<Ms. TS> The title of cassette book is "Dream Explorer" and it was sold at live halls etc. when 2 1/2 was released. At that time, it was also mail-ordered. The content was "Cassette: sound sources such as Shinobu solo Flexii-disc by Shinobu Narita during 4-D period, sound during early Urban Dance (U/D), Booklet: about 20 pages in total including the pictures and documents of each member during their child days and the pictures and documents based on them." Later, Mr. Narita formed "Urban Guerrilla" with Yuji Okiyama again and performed a live concert at Kichijoji Baus Theater once, but it discontinued due to the lack of sponsor. Mr. Narita played in the back-band of Mr. Masami Tsuchiya and came to now. The early U/D was the remaking of 4-D (SHINOBU's works mainly as additional information) and the lyrics were simply changed by the famous writers (Fu-chan, Minako Yoshida) and there were almost no new songs by Mr. Shinobu Narita as U/D. Their live was very powerful and I enjoyed a lot. The rap during the interlude of "Dr. Diet" and the cover song of Yukihiro's "Blue Color Worker" are at high sense and high level and made me think they have the experience in the Indie.

<Mr. MS> While it is hard to describe 4-D's sound as techno pop, it should be included as most of the members are involved with techno pop bands. The members are 4; Kenji Konishi, Tadahiko Yokogawa, Shinobu Narita and Kazuya Nakagaki. Both Narita and Yokogawa debuted with 99.99 (four nine), fusion-oriented progressive band. On the other hand, Konishi debuted with DADA, an electro/progressive unit. The participation of Narita and Yokogawa in DADA's live triggered the formation of 4-D. During 4-D period, they also played DADA's songs. "Emilia" sung in English during 4-D period was written by Hirobumi Suzuki, and it is contained with the title of "Bara No Emilia" in Urban Dance's album "2 1/2". (This is a bonus track for CD only!). As you may know, Narita formed Urban Dance, Yokogawa joined P-Model and joined Metrofarce in parallel with solo after leaving P-Model, Konishi is currently a member of P-Model.

<Ms. que> Originally 4-D is led by Mr. Konishi and divided to mode-0, mode-1, mode-2 depending on the members (similar to 99.99) and Narita and Yokogawa were the members of mode-1 only and mode-0 consists of Konishi and Nakagaki, and mode-2 consists of Konishi, vocalist Kyo and Akira Shu. Narita was still doing mode-1 in parallel after starting SHINOBU, and mode-0 still conducted several gigs after Narita went to Tokyo. It can be said that 4-D disappeared after Konishi joined P-Model. As mode-2 was a secret unit for recording only, just one gig has been done with Kyo's singing along karaoke. Narita formed SHINOBU by adding Yokogawa, but renamed to Urban Dance by having Koyama due to the move of Yokogawa to P-Model.

<Mr. Koichi Matsumoto, ex-Urban Dance> Currently I play in the units called "House Foundation" and "Soul Bossa Trio". I also teach programming for House Music at Tokyo Announce Gakuin. House Foundation is Black-oriented House Music as the name says and it released two albums and two singles from Pony Canyon. I also worked on several remixes: ELT (Future World <KM Future Voice Mix> '97), Two Mix (T.R.Y. <High Fly Vocal Mix> '97), GTS(One Hundred Ways <KM Disco Quartet Vocal> 99), Harume Tsuyuzaki (Wish <KM Evening Eve Mix> '97), Orito (Low Down <House Foundation KM Dub> 98). Close to two years passed after I formally joined Soul Bossa Trio. Soul Bossa Trio has its own sound which cannot be explained in one word integrating various Dance Music such as Jazz, Bossa Nova, Samba, Latin, Soul. The original leader is Gonzalez Suzuki who used to be a member of Tokyo Panorama Mambo Boys known for the opening theme of "Gokigenyo". "Nature Vision" and "Supernova" were released last year. There will be a gig at On Air East on Jan. 23. On Jan. 15, there was an event called New Wave Junkey and Mr. Narita and a certain band joined unexpectedly. I did a DJ there. I met Mr. Narita with the interval of six years.

<Correspondent Ara> I have the Flexi-disc "Ceramic Love" released as "SHINOBU" on Kang Gung Records before UD. Its lyrics are different from UD version and no words in "I've got you..." (but some lyrics in the latter part). The lyrics are written by Mr. Yuji Sawada who wrote some songs in the first UD album, but the first album version is written by Giles Duke in English which is completely different. Flexi-disc is 20 cm in diameter. The members are Mr. Narita and Mr. Ken Asama. B-sided "Earth" is a solo track by Mr. Ken Asama. It's P-Model-esque Metalic Techno instrumental. The omnibus album "Alternative Electrics Futurism 1992" released on Alfa in '92 contains the tracks by 5 almost unknown artists such as Soft Ballet, UD-Zero, EUR, ICBM, oscilloscope. UD-Zero is a solo unit by Mr. Shinobu Narita.

HOME | INDEX