VANITY RECORDS

Vanity Recordsは、テクノポップという言葉の命名者と言われる、「ロックマガジン」編集長の阿木譲氏のレーベルです。78年の春に設立され、日本で最初のマイナー・レーベルとされています。79年のロックマガジンの増刊号の「MODERN MUSIC」にてVanity Recordsの今後の活動方針として以下の記述がありました。『.┘譽トロニクス・ミュージック、◆家具としての音楽゛シリーズ(現代音楽)、2陵惷紛罰Δ悗凌塀弌↓ぜ存嚇な新しいヴィジョンを持つ音楽(パンク、ニューウェイヴ、フリーミュージック、現代音楽等)を追求し、レコード製作していきます。』は意外であるが、阿木氏が昔歌謡曲界にも居た(67年に「高原の慕情」でデビューし、68年に同名映画主題歌の「俺には天使の君だった」がヒット)ことを考えると、納得がいきます。残念ながら、実現に至ることはなかったが、Vainity Recordsからテクノ歌謡(勝手な僕の想像)でデビューする歌手なんて、考えるだけでワクワクします。雑誌「QUICK JAPAN」33号の日本ロック雑誌クロニクル特集として、篠原章氏(文)と東瀬戸悟氏(ディスコグラフィー解説)により「関西発、伝説のカルト雑誌『ロックマガジン』と阿木譲」というタイトルで掲載されています。一部、参考文献として使わせていただきました。


Vanity Records is a lable owned by Mr. Yuzuru Agi, a chief editor of "Rock Magazine" who was considered to be a person who named Techno Pop. It was founded in Spring '78 and it's positioned as the first Japanese minor label. "MODERN MUSIC", an extra editionn of Rock Magazine in '79 had the following as the operating priniciples of Vanity Records in future. "We will produce records pursuing 1). Electronics Music, 2). "Music as Furniture" series (Modernistic Music), 3). Invation to Kayo-kyoku, 4). Music with experimental new vision (Punk., New Wave, Free Music, Modernistic Music, etc.)." The point #3 may be surprising, but it makes sense considering that Mr. Agi used to be in the world of Kayo-kyoku (he debuted with "Kougen No Bojou" in '67, and had the hit movie theme song "Ore Niwa Tenshi No Kimi Datta"). Unfortunately, it has never been realized, but it's so exciting to just think about the singer who debuts with Techno Kayo (just my imagination) on Vanity Records. In the magazine "QUICK JAPAN" vol. 33, "Rock Magazine, a cult magazine from Kansai, & Yuzuru Agi" as a part of Japanese Rock Magazine Chronicle was written by Mr. Akira Shinohara (text) and Mr. Satoru Higashiseto (discography). It was partially used as reference.

Agata, Morio(あがた森魚) | Aunt Sally UP! | Back Ground Music | Dada | Mad Tea Party | Normal Brain | Perfect Mother | R.N.A. Organism | SAB | Sympathy Nervous | Tolerance
Omnibus
Music

Plus
Phew

Aunt Sally / Phew(フュー)

Phewは78年アーント・サリーを結成した。ロック・マガジン編集長の阿木譲氏のVanity Recordsからデビューし、関西ノーウェイヴ・シーンで注目を集める。80年には坂本龍一プロデュースによりソロでシングル『終曲(フィナーレ)』を発表し81年にはドイツのコニー・プランク・スタジオで製作したアルバム『Phew』を発表する。


She formed Aunt Sally in '78 . It debuted from Vanity Record which Yuzuru Agi, a chief editor of Rock Magazine run and got attention in Kansai No Wave scene. In '80, she released the single "Finale" produced by Ryuichi Sakamoto and released the album "Phew" made at Conny Plank Studio in Germany.

Back Ground Music

ミニマルな実験系テクノポップ。当時は高校生バンドだった。中心メンバーの白石隆之は、90年代にプラネタロイド名義でテクノ・シーンに復帰。


It's Minimal Experimental Techno Pop. At that time, they are a band of highschool students members. Takayuki Shiraishi, a core member, came back to Techno scene as Planetaroid (?) in the 90's.

Dada

P-Modelと至福団の小西健司氏が在籍した4-D(アーバンダンスの元)の前身となるバンド。『浄』は阿木譲氏のVanity Recordsの記念すべき第一号のリリースでもある。


This is a band prior 4-D (prior Urban Dance) which Mr. Kenji Konishi of P-Model and Shifukudan used to belong to. "Jyo" is the memorial first release on Vanity Records by Mr. Yuzuru Agi.

Mad Tea Party

Normal Brain

<Nils-Inge>コンピューター声のテクノポップ(?)。


<Nils-Inge> Techno Pop (?) with computer voice.

Perfect Mother

<Nils-Inge>ダーク・シンセポップ+少しパンク。


<Nils-Inge> Dark Synthpop + some Punk.

SAB

Sympathy Nervous

<Nils-Inge>リズミックなダーク・シンセポップ。


<Nils-Inge> Rhythmic based Dark Synthpop.

Tolerance

Vanity Recordsから2枚のアルバムをリリースした唯一のユニット。80年前後としては、先取りしていたアンビエント・テクノとも言える作品。


This is the only unit that released two album onVanity Records. It's almost proto-Ambient Techno as the works around 1980.

HOME | INDEX