ZE RECORDS

78年に設立されたZEレコードはイギリス人のMichael Zilkhaとフランス人のMichel Estebanの姓名の頭文字を取ったものである。ニュー・ヨークとパリーを結ぶ個性的なインディー・レーベルです。カジノ・ミュージック、クリスチーナ、キッド・クレオール&ココナッツのようなディスコ風ニューウェイヴからニュー・ヨーク・ノーウェイヴ周辺の幅広い趣向のアーティストを送り出した。


ZE Records founded in '78 was named after the initials of British Michael Zilkha and French Michel Esteban. It's a unique label connecting New York and Paris. It sent various artists from Discotique New Wave such as Casino Music, Cristina and Kid Creole And Coconuts to New York No Wave.

Breakfast Club | Casino Music | Cristina | Daisy Chain | Descloux, Lizzy Mericier UP! | Kid Creole & The Coconuts | Mari et Les Garcons | Rosa Yemen | Suicide | Vega, Alan | Waitresses, The | Was (Not Was)
Omnibus
Mutant Disco | A Christmas Record NEW! | Zetrospective I(ベスト・オブ・ZEレコードI) | Zetrospective II(ベスト・オブ・ZEレコードII)

Breakfast Club

マドンナのプロデュースもしたことで知られる。MCAから後にデビュー・アルバムをリリースした。


They are known for the production for Madonna. Later, they released the debut album on MCA.

Casino Music

ZEレコードから出た仏国の四人組みのバンドです。『ジャングル・ラヴ』はブロンディのクリス・ステインがニューヨークでプロデュースした結構期待の新人であった。後、トム・トム・クラブのスティーヴ・スタンレーがエニジニア、同じZEのクリスチィーナがバックグラウンド・ヴォーカルで参加。トロピカルムードを醸し出すニュー・ウェイヴ・サウンドである。長い間探し続けやっとアナログを見つけました。
<Philippe>「Burger City / Viol AF 015」は彼等の最初のシングルで、「Faites le Proton / Amour sauvage」は第2弾です。「Faites le Proton」は英語で「Do The Proton」という意味ですが、意味不明です。リード・シンガーのGilles Riberollesはフランスのロック・シーンでとても知られたジャーナリストでした。


They were a French band with four people on ZE Record. "Jungle Love" was produced by Blondie's Chris Steinin New York and they were new comers with hope. In addition, Tom Tom Club's Steve Stanley worked as engineer and Cristina from the same label ZE joined for background vocal. It is a new wave sound with tropical mood. I finally discovered this vinyl after long search.
<Philippe> "Burger City / Viol AF 015" is their first single followed by "Faites le Proton / Amour sauvage". "Faites le Proton" really means "Do The Proton". I don't know what they mean by that... Gilles Riberolles, the lead-singer of the band was also a very well known journalist on the French rock scene.

Cristina

ハーバード大学卒のIQ165というふれこみの元モデルのアヴァギャルド・ディスコ歌手です。「ディスコ・クローン」はZEレコードの第一弾リリース・シングルです。フランス人と勝手に思っていたのですが、この人アメリカ人なのでしょうか?


She is a ex-model Avant-garde Disco singer with IQ 165 who graduated from Harvard University. "Disco Clone" is the first single release from ZE Records. I initially thought she is a French with no strong reason, but is she American?

Daisy Chain

川添さんという日本人女性モデルやドイツ人、ブエルトリコ人等の多国籍メンバーからなる。日本語、スペイン語、フランス語が入り交じるキワモノ的ラップ曲「No Time To Stop Believing In Love」は一度聴いてください。同じZEのDavitt Sigerson(彼もメンバーなのでしょうか?)がプロデュースしました。


This unit consists of multi-national members such as a Japanese female model called Ms. Kawazoe, German, Puertorican. You should listen to their novelty rap song "No Time To Stop Believing In Love" blending Japanese, Spanish, French. It was produced by Davitt Sigerson (Is he also a member of the band?), a label mate of ZE.

Descloux, Lizzy Mericier / Rosa Yemen

リジィ・メルシェ・デクルーは元ロザ・イエメン(ZEからEPを78年にリリース)というNO WAVE系バンドで活動していたボーイッシュな仏国詩的美少女歌手です。彼女はRock Newsというフランスのパイオニア的パンク雑誌でもライターをしていた。ファーストアルバム『Press Color』はMarie & Les GarconsのEricとレコーディングされ、「スパイ大作戦のテーマ」やアーサー・ブラウンの「Fire」をカヴァーしました。
<Philippe Doro>多くのマキシ・シングルをリリースましたが、とてもレアなRosa Yemen以外はリストしていません。『Suspence』の後も少なくとも1枚のアルバムをリリースしたはずですが情報が見つかりません。


Lizzy Mericier Decloux is a French boyish poetry cute girl singer who used to play in No Wave band "Rosa Yemen" (released an EP on ZE in '78). She also used to write in Rock News, one of the very first French Punk magazines. Her first album "Press Color" was recorded with Eric from Marie & Les Garcons and she covers "Mission Impossible" and Arthur Brown's "Fire".
<Philippe Doro> She made many maxi singles, but I haven't mentioned them, except the very rare Rosa Yemen.
I am almost sure she made at least one album after Suspense, but I can't find the informations.

Kid Creole & The Coconuts

元オリジナル・サヴァンナ・バンドのAugust Darnell(ハイチ出身)が結成したトロピカル・ビートのニューウェイヴ・ディスコ・バンドです。ZEの看板とも言える存在で、脱退したCoati Mundi (a.k.a. Andy Hernandez)もソロ、Don Almando's Second Avenue Rhumba BandもZEから作品をリリースした。
<Harry Mook特派員>彼らはニューヨーク州のニューヨーク出身です。このシーンをかなり詳しく網羅した「Mutant Disco」という81年のZEレコードのオムニバスがあり、Kid Creoleの相棒のCoati Mundiによる手の込んだファンキーな曲「Me No Pop I」を収録。記憶が正しければ、NMEのライターによるシングル・オフ・ザ・イヤーでした。


It's a New Wave Disco band with Tropical Beat formed by August Darnell (from Haiti), formerly in Original Savannah Band. It's the front band of ZE and Coati Mundi (a.k.a. Andy Hernandez) who left the band released the works as his solo and Don Almando's Second Avenue Rhumba Band on ZE.
<Correspondent Harry Mook> They were from New York, New York. There is a 1981 ZE Records various artists compilation album called "Mutant Disco" that captures this scene pretty well and includes the fiendishly funky "Me No Pop I" by Kid Creole sidekick Coati Mundi - The Single Of The Year chosen by New Musical Express writers, if memory serves.

Marie et Les Garcons

Electric CallasやStarshooterと同郷のリヨン出身のバンド。Marieは脱退後ソロとしてシングル「Les Indiens / Wallis & Futuna」を84年にリリース。メンバーの一人、Eric FitoussiはCasino MusicのEric WeberとTabouで活動したが成功には恵まれなかった。
<Philippe>かなり初期のニューウェイヴ・バンド。彼等の最初のレコーディングは76年にされた。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの強い影響を受けていた。2枚ほどのシングル(77〜78年)、ZEレコードからLP(80年)、ライヴ・アルバムがリリースされた。彼等の2枚目のシングルである「Attitudes」はジョン・ケールにプロデュースされた。その後、Marieはバンドを脱退し、バンド名はLes Garcons(又はGarcons)と単に呼ばれた。この時期から彼等は本当にテクノポップ(時にはディスコポップ)となり、2〜3枚のシングルをリリースするが、80年にまもなく解散してしまう。


This is a band from Lyon, the city of Electric Callas and Starshooters. They seem to have releases on ZE Records. Marie released a single "Les Indiens / Wallis & Futuna" in '84 as a solo after leaving the band. Eric Fitoussi, one of the members, played with Eric Weber from Casino Music in a new band "Tabou" without much success.
<Philippe> Very early new wave band. Their first recordings were in 1976. Strong Velvet underground influences... A couple of singles (1977-1978) and a LP on ZE Records (1980), plus a live album. "Attitudes", their second single, was produced by John Cale. Then Marie left the band, and they simply called themselves Les Garcons (or even Garcons). From this time they really were techno pop (even disco pop sometimes), released a few singles, but split very soon in 1980.

Waitresses, The

Tin Hueyと言うバンドのギタリストだったChris Butlerのサイド・プロジェクトとしてスタートしたPatty Donahueのヴォーカルをフィーチャーした米国のニューウェイヴ・バンド。彼等のラップ曲「Christmas Wrapping」はSpice Girlsがカヴァーした。


This is an American New Wave band featuring Patty Donahue's vocal which started as a side project of Chris Butler who was a guitarist of Tin Huey. Their rap song "Christmas Wrapping" was covered by Spice Girls.

Omnibus Albums

Zetrospective I(ベスト・オブ・ZEレコードI): Dancing In The Face Of Adversity

[1990] ZE

01. Christina: Disco Clone
02. Don Almando's Second Avenue Rhumba Band: Deputy Of Love
03. Coati Mundi: Que Pasa~Me No Pop I
04. Was (Not Was): Wheel Me Out
05. Material: Busting Out
06. Kid Creole And The Coconuts: I'm A Wonderful Thing Baby
07. Breakfast Club: Rico Mambo
08. Daisy Chain: No Time To Stop Believing In Love
09. Was (Not Was): White People Can't Dance
10. James White And The Blacks: Contort Yourself
11. Alan Vega: Juke Box Baby
12. Last Men: Gimmy Igo
13. Suicide: Dream Baby Dream
14. Lizzy Mercier Decloux* Jim On The Move
15. Lydia Lunch: Lady Scarface
16. Teenage Jesus And The Jerks: The Closet

Vol. 1はZEの各アーティストのアソートメントで、日本盤のみの幻のシングルであるDaisy Chainの「No Time...」を収録しています。個人的には是非ともCasino Musicの「Do The Proton」を入れて欲しかった。


Vol. 1 is the assortment of each ZE artist containing an illusive single released only on Japanese version "No Time..." by Daisy Chain. Personally, I wanted them to include "Do The Proton" by Casino Music.

Zetrospective II(ベスト・オブ・ZEレコードII): Hope Springs Eternal

[1990] ZE

01. Kid Creole And The Coconuts: Annie I'm Not Your Daddy
02. Kid Creole And The Coconuts: Table Manners
03. Davitt Sigerson: Break My Heart
04. Davitt Sigerson: Over And Over
05. Cristina: The Lie Of Love
06. Cristina: He Dines Out On Death
07. John Cale: I Keep A Cose Watch
08. John Cale: Caribbean Sunset
09. The Waitresses: I Know What Boys Like
10. The Waitresses: Not Guilt
11. Was (Not Was): Tell Me That I'm Not Dreaming
12. Was (Not Was): Zaz Turned Blue
13. John Robie: City Of Wonder
14. The Waitresses: Christmas Wrapping
15. Cristina: Things Fall Apart
16. Davitt Sigerson: It's A Big Country

Vol. 2はCristinaやKid Creole & The Coconuts等のZEの看板アーティストを中心の収録です。


Vol. 2 contains mainly key ZE artists such as Cristina and Kid Creole & The Coconuts.

HOME | INDEX